ダイニングテーブルの失敗しない選び方!ポイントはサイズとカラー

お家の中でも大きめのインテリアである、ダイニングテーブル。サイズや素材にこだわりのある人も、コーティングや材質についてはよく知らないという人も多いのではないのでしょうか?今回はダイニングテーブルの選び方についてご紹介します。

2018年4月24日 更新

コーティングに注目しよう

オイル塗装

オイル塗装の本当の名称は「オイル仕上げ」「オイルフィニッシュ」と言います。特殊なオイルを、家具の表面から染み込ませる形で塗装する方法です。オイル仕上げのメリットは、塗装しても木材が呼吸できるので、お家でも木の風合いを楽しめることです。デメリットは表面を覆った膜がないために、汚れや傷に弱いこと。耐水性がないので、飲み物を飲むときにはコースターやソーサーを使い水分が染み込まないように対策しましょう。

ウレタン塗装

家具の塗装の中で最も一般的な方法と言われる、「ウレタン塗装」。木の表面に薄くて堅い膜を作ることで、熱や水への耐性が強い頑丈な表面に仕上げ、見た目に光沢感が生まれることから、インテリアが高級な雰囲気になります。デメリットとしては、光沢感が出ることで素材の持つナチュラルな風合いが失われること。その塗装が剥がれると、光沢感がある場所、ない場所のコントラストがテーブルを汚く見せる可能性があります。

機能性も見逃せない!

バタフライ式

天板を伸長できるタイプのテーブルのことを「バタフライ式テーブル」と言います。普段は折りたたんでおいて、必要なときに伸び縮みさせることができるので、手狭なひとり暮らしのお部屋や、これから家族が増える可能性がある家庭におすすめのタイプです。

天板昇降型

天板昇降型のダイニングテーブルは、高さが調整できることで人気のタイプです。ソファーテーブルの低さまで調整できるものもあるので、ひとり暮らしのお部屋の広さでも、ダイニングテーブル、そしてソファーテーブルとして1台で2台分の機能を使うことができる便利なテーブルです。
5 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう