ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

大人だって食べていい「お子様ランチ」

もう「お子様ランチ」を食べられないと思ったら大間違い!大人向けにボリューミーでおいしい「大人のお子様ランチ」があるんです♪ 大人のために「お子様ランチ」を作ってくれるお店を、東京から5店ご紹介いたします。久しぶりにお子様気分を味わってみませんか?

1. 八丁堀「シュングルマン」

大人のお子様ランチ「ニクラシイ?」

SSサイズ 1,000円(女性限定)~Lサイズ 2,200円 (税別)
東京、八丁堀にある「シュングルマン」は、店名に“食いしん坊の集まる場所”という意味が込められた人気料理店。フレンチやイタリアンのお料理を、気がねなく楽しむことができます。 ここで話題になっているのが、平日のランチ限定「大人のお子様ランチ『ニクラシイ?』」。プレートには、熟成短角牛入りハンバーグ、もち豚ロースト、大山鶏フリット……と、プレート上の8割くらいが「お肉」という贅沢なボリューミーランチなんです。 こだわりのお肉料理はジューシーで、お皿にたくさん乗っているのでワクワクする!と、大評判。“お子様”に食べさせるわけにはいかない“大人”のためのランチプレート、明日にでも食べたくなること間違いなしですね。 SSサイズ(女性限定)からLサイズまで4種類あり、Lサイズには「ヅケ仕立ての短角牛ロース」がプラスされます♪

店舗情報

■店舗名:SHUNGOURMAND (シュングルマン) ■最寄駅:日比谷線 八丁堀駅より徒歩2分 東西線 茅場町駅より徒歩5分 ■電話番号:03-6222-8464 ■営業時間: ランチ [月-金]11:45~14:00(L.O.13:30) ディナー [月-金]18:00~23:00(L.O.21:30)[土]18:00~23:00(L.O.21:00) ■定休日:日曜日・祝祭日 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130203/13169093/ ■公式HP:http://shungourmand.jp/

2. 表参道「東京ライス」

大人のお子様ランチ『Burgee』

1,550円
表参道にある「東京ライス」。“大人がワクワクするお子様ランチ”をコンセプトに、日本中のみんなが元気に過ごせるようにしたい!と考えている、夢や希望にあふれるレストランなんです。 「東京ライス」は、ハンバーグやエビフライなどがのった王道のラインナップの『Burgee(バギー)』やエビ尽くしの料理がワンプレートになった『Ebee(エビー)』など数種類から選べます。 旗が立った「これぞお子様ランチ!」というプレートを、大人が堂々と食べられるなんて、とても魅力的。ご家族全員でお子様ランチ♪ というのも、アリですよね。

店舗情報

■店舗名:東京ライス(ザ・トーキョーダイニング) ■最寄駅:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅B1出口から徒歩2分 ■電話番号:050-5868-4656 ■営業時間:[月~金] 11:30~16:00(L.O.15:00)、18:00~22:30(L.O.22:00) [土日祝] ※翌日が休日の場合11:00~16:00(L.O.15:00) 18:00~22:30(L.O.22:00) [日祝] ※翌日が平日の場合11:00~21:00(L.O.20:30) ■定休日:不定休 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13139600/ ■公式HP:http://tokyorice.org/#tab1

3. 高円寺「ベイビーキングキッチン」

「お子様ランチ」、「お姫様ランチ」

写真は「お姫様ランチ」1,500円(税別)
高円寺の商店街にある「ベイビーキングキッチン」は、“お母さんの手料理”を、カフェ風にアレンジしたお料理が楽しめるかわいらしいカフェ。全席に絵本やらくがき帳が置いてあったり、すべり台やブランコが置かれたスペースまであるなど、子どもも飽きない工夫もいっぱいなんです。 そんな「ベイビーキングキッチン」で大人気なのが、王道メニューがのった「お子様ランチ」や、オムライス、ハンバーグ、スパゲティなどがのった「お姫様ランチ」。大人でもお腹いっぱいになるボリュームがうれしいランチです。 気になる「おまけ」までついてくるんだとか……♪ 何がもらえるか、行ってからのお楽しみ!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS