基本の紅茶レッスン♪ おいしい簡単な入れ方で贅沢なティータイムに

紅茶の入れ方を調べたら、難しい用語が並んでげんなり……なんてことありませんか?おいしく入れるための道具から、抑えておきたいポイントを丁寧に解説します。茶葉やティーバッグの入れ方、ミルクティーといったアレンジ方法まで徹底網羅!

2018年4月30日 更新

必要な道具と材料(1人分)

【道具】
・やかん
・ティーカップ

【材料】
・テトラ型ティーバッグ:1個
・汲みたての水:180ml
・レモン(お好みで)

入れ方

1. 茶葉のときと同じく汲みたての水を沸騰

おいしい紅茶を入れるなら、ティーバッグタイプでもお湯は100度までしっかり沸騰させましょう。ティーバッグでも形を選べば、しっかりジャンピングさせることができます。

2. お湯をティーカップに入れてからティーバッグ

お湯がしっかり沸騰したら、ティーカップに熱湯を注いでいきます。お湯を注ぎ終わったら、カップのふち側からティーバッグをゆっくり沈めましょう。ティーバッグの場合の蒸らす時間は1分から1分半で、少々早めに引き上げてくださいね。

ティーバッグから作るときのポイント

1袋でカップ1杯が原則

紅茶の茶葉はお湯に触れた最初の頃に、おいしいお味や香りが広がっていきます。まだ色が出て抽出できそうに見えても、2杯目を作る頃にはおいしい成分が抜けてしまっているので、1袋1杯を原則としましょう。
5 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

manaminmin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう