人気シェフの芸術ショコラ「ル・ショコラ・アラン・デュカス」が初上陸、日本橋にオープン!

パリで大注目のショコラトリー「ル・ショコラ・アラン・デュカス」が2018年3月26日(月)、東京・日本橋にオープンしました。ボンボンやタブレットなど、職人が生み出すまるで芸術のようなショコラを味わってみませんか?

2018年4月18日 更新

工房を眺めながらショコラを堪能

パリ以外では初の出店となる「ル・ショコラ・アラン・デュカス」。世界各国でレストランを経営するアラン・デュカス氏が展開するショコラトリーです。

伝統の息づく街、日本橋にオープンしたのは工房とブティック。木、レンガ、ガラス、鋼が印象的な機能美を追求したクラフトマンシップ溢れるオーセンティックな空間は、中二階にル・サロン(カフェスペース)が設けられ、工房の様子を垣間見ながらショコラを堪能できます。

人気のシェフ・パティシェが就任!

製品はすべて、パリ工房で作られたクーベルチュールを使用。
アラン・デュカス氏からの信頼篤く、東京、銀座の「ベージュ アラン・デュカス 東京」でシェフ・パティシエを務めたジュリアン・キンツラーが、パリ工房で2年間の研鑽を経て、東京工房のシェフ・ショコラティエに就任されました!

すべての工程をショコラティエが担当

パリ工房では、カカオ豆の粉砕からボンボン・ショコラができるまで、すべての工程をショコラティエが手作りで行っています。

アラン・デュカス氏の料理哲学は良質な素材を厳選し、その素材本来の味わいと香りを十分に表現すること。これはショコラにおいても一貫しています。
単一種のカカオ豆のみを使用したもの、バニラやコーヒー、柑橘やナッツを合わせたもの、ガナッシュ、プラリネ……。さまざまなバリエーションで、ボンボンやタブレット、オリジナルクリエーションに仕立てられる「ル・ショコラ・アラン・デュカス」のショコラは、職人の技がひとつの芸術であることを証明しています。
私たちを幸せで包み込んでくれるショコラ。魅惑の世界に、足を踏み入れてみませんか?

店舗概要

ル・ショコラ ・アラン・デュカス 東京工房
住所:東京都中央区日本橋本町1-1-1
営業時間:11:00~20:00
オープン日:2018年3月26日(月)
座席数:30席
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう