レンジで簡単♪ 「よだれ鶏」の基本レシピ&人気のタレアレンジ5選

「よだれ鶏」のレシピをmacaroni動画でご紹介します。四川料理の大定番ですが、実は電子レンジで簡単調理ができるんですよ。身近な調味料で作る簡単メニューから激辛タレのアレンジまで、食べ飽きしない5つのアイデアもぜひ試してみてくださいね。

2019年4月9日 更新

レンジで簡単♪ 「よだれ鶏」の基本レシピ

「よだれ鶏」とは、ゆで鶏に酸味と辛味の効いたタレをかけて食べる四川料理。中国語で"口水鶏"と書くように、「よだれがでるほどおいしい」という意味でつけられたんだそう。

今回はレンジで作れるよだれ鷄のレシピをご紹介していきます。後半のタレアレンジも必見ですよ!

材料(2~3人分)

・鶏むね肉……1枚(300g)
・長ねぎ(青い部分)……1本

・水……50cc
・酒……大さじ1杯
・塩……ふたつまみ
・しょうがすりおろし……小さじ1杯

たれ

・しょうゆ……大さじ2杯
・オイスターソース……大さじ1杯
・黒酢……大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯
・ラー油……大さじ1杯
・ごま油……小さじ1杯
・にんにくすりおろし……小さじ1/2杯
・鶏ガラスープの素……小さじ1/2杯
・花椒(ホール)……小さじ1杯

トッピング

・白ごま……大さじ1杯
・赤唐辛子(輪切り)……適量
・白髪ねぎ……適量

下ごしらえ

・鶏むね肉を冷蔵庫から出して常温に戻し、余分な皮、脂は取り除き、厚い部分は観音開きにします。
・花椒は袋に入れて、棒などで粗く潰しておきます。

作り方(調理時間:20分)

1. 鶏むね肉をフォークで刺します。

2. 耐熱ボウルに鶏むね肉を入れて、水、酒、塩、しょうがすりおろしを入れて揉みこみ10〜15分ほど置きます。

3. ラップをしてレンジ500Wで4分加熱し、一度レンジから取り出して、胸肉を裏返してレンジ500Wでさらに3分秒加熱します。

4. 鶏むね肉を取り出し、ボウルに残った蒸し汁にたれの調味料を加えて混ぜます。

5. 取り出した鶏むね肉を1.5cmに切り、お好みの野菜をひいたお皿の上にのせます。仕上げに白髪ねぎと糸唐辛子、白ごまを散らして、タレをかけて完成です!
【レシピ提供 macaroni】

作るときのコツ

鶏むね肉は、水からゆでることでしっとりと仕上がります。レンジ調理で使うお水はもちろん、お鍋で調理するときも常温の水からゆで上げてくださいね。

冷蔵庫から出してすぐの鶏むね肉では火が通りきらないことも。お肉は調理30分前から常温に戻すか、もしくは火にかける時間を長くして調整してください。時間があるときは、お肉に穴をあけたあと1枚につき大さじ1杯ほどのお砂糖をまぶしましょう。そのまま1日置くことで、よりやわらかくしっとり仕上げることができますよ。
▼余った鶏皮でもう一品!

お好みの味で!よだれ鶏の人気「タレ」アレンジ5選

シンプルなゆで料理のよだれ鶏は、「タレ」のバリエーションがおいしさの決め手。さっぱりコク深い黒酢タレやラー油ベースのピリ辛タレなど、鶏むね肉を飽きずに楽しめますよ。

1. 身近な調味料で作れるよだれ鶏

お醤油やごま油、こしょうなど、お家にあるもので作れるお手軽レシピがこちら。暑い夏にもさっぱりいただくことができるので、食欲がない日にもピッタリなひと品です。火にかける時間も短いので簡単に作れちゃいますよ。

2. 激辛!豆板醤で作る四川風よだれ鶏

特集

SPECIAL CONTENTS