2. チキンスープ

鶏肉のうまみと出汁がたっぷり溶け出たチキンスープは、ホッとできる家庭の味。日本でいうところの味噌汁みたいなものですね!風邪を引いた時や体調の悪い時に、お母さんやおばあちゃんが作ってくれる定番のスープになります。 各家庭で作り方が違い、チキン以外にタマネギやセロリなどの野菜、豆、パスタなどが入っている場合も♪

3. ピーナッツバター&ジェリーサンド

PB&Jとも略されるアメリカのサンドイッチです。ジェリーはアメリカでジャムのこと。ピーナッツバターとジャムを1枚ずつパンに塗り、パン同士を合わせて作るサンドイッチです。 子どもが学校に持っていくランチの定番メニューでもあり、ある統計によると、アメリカの子どもは高校を卒業するまでに1500個ものPB&Jを食べるといわれているのだそう!はちみつやチョコレート、チーズを加えたり、バリエーションがたくさんあります。

コトコト煮込む!アメリカのスープ料理3選

1. ガンボ

ガンボは、具材をたっぷり入れたピリ辛味のスープです。野菜をじっくり煮込んでとろみをつけるので、あっさりでうまみたっぷりなスープになっています。 オクラを入れるものが多いですが、地域や家庭によって作り方はバラバラで、肉やシーフードを入れるタイプも♪ ルイジアナ州の代表的な料理で、家庭だけでなくレストランでも広く提供されています!

2. グリーンチリシチュー

アメリカ南西部にあるニューメキシコ州の定番料理。ジャガイモや肉のほかに唐辛子をたっぷり入れて煮込む、辛さ際立つスープです!感じ方には個人差がありますがかなり激辛で、クセになると病みつきに♪ グリーンチリ(青唐辛子)と名前がついたシチューですが、メキシカンなお店では、注文時に赤唐辛子か青唐辛子か聞かれることも多いそうです。

3. チャウダー

チャウダーも代表的なアメリカ料理で、一般的にはジャガイモやベーコン、魚介類を入れたクリーム味のスープです。二枚貝(クラム)を入れたクラムチャウダー、白身魚を入れたフィッシュチャウダー、コーンを入れたコーンチャウダーなどさまざまなバリエーションがあります! 作り方が異なる地域もあり、生クリームをたっぷり使うニューイングランド風、トマト味のマンハッタン風が有名です。

満足度大!アメリカで愛されるサンドイッチ3選

1. ルーベンサンドイッチ

ルーベンサンドは、ライ麦パンにコンビーフなどの肉、チーズ、ザワークラウト、ドレッシングなどをはさんだボリュームたっぷりのホットサンドイッチです! ニューヨークの名物料理で、パストラミやコールスローを使うなど、こちらもバリエーションが豊か。グリルした風味のあるパンと、ぎっしり詰まった具材が食べごたえ抜群のメニューです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ