連載

【日々の味付け帖 vol.28】季節を待ちわびて。田内しょうこさん愛用の調味料たち

さまざまな食のプロに、お気に入りのアイテムをうかがう連載企画。今回は、働くママの目線に経った時短料理が人気の料理研究家・田内しょうこさん愛用の調味料をご紹介。“季節の味を楽しむ”をテーマに掲げる田内さん、その料理に欠かせない調味料とは?

2018年5月23日 更新

Today' Foodie

Today' Foodie

田内しょうこ/料理研究家、ライター

出版社勤務を経て、料理と書き物の二本柱で仕事をこなす。関西育ち、アメリカ・カリフォルニア州の女子大卒、東京在住。理論だてた時短料理を得意とし、企業や自治体での教室やセミナーも開催している。著書は『働くおうちの親子ごはん』シリーズ(英治出版)、『時短料理のきほん』(草思社)、『「今日も、ごはん作らなきゃ」のため息がふっとぶ本』(インフォス主婦の友)など。最新刊は『汁かけごはん』(駒草出版)。

季節の味を楽しむ。

季節の味を楽しむ。

Photo by macaroni

都内の某駅前広場の喧騒を抜け、街の盛衰を見守ってきた古めかしい家々が立ち並ぶ細い路地の先。その一番奥まったところに、料理研究家の田内しょうこさんが住んでいる、白亜の低層マンションがあります。

ドアを開けると、ほんわかした笑顔で私たちを出迎えてくれた田内さん。柔らかな物腰で、ご自身がつくる料理のテーマである「季節の味を楽しむこと」の真意について、丁寧に語ってくれました。

「旬の食べ物って本当に飽きないんですよね。だって、どんどん食材が入れ替わっていきますから。使う調味料が一緒だとしても、毎回同じ味になることはありません。最近になって思うんですが、そうやって繰り返す四季の中で、“季節を待ちわびる”という感覚が徐々に養われてきました。

正直言うと、昔はお花見を楽しみにしてる人の気持ちがわかりませんでした(笑)。40代に差しかかってようやく、『今年も無事に咲いたね』と、桜を愛でる気持ちが芽生えてきたんです」

今回ご紹介いただいた愛用の調味料は、そんな季節の食材に惚れ込んだ田内さんの料理を引き立てる名脇役たち。素材の味を最大限に生かすために集められたこだわりの品々を、早速見ていくことにしましょう。

1.【砂糖】ゆうき市場「洗双糖」

1.【砂糖】ゆうき市場「洗双糖」

Photo by macaroni

こちらは、近所の自然食品店で購入しているきび砂糖です。料理の甘み付けにはもっぱらみりんを使っているんですが、香りとコクを足したいときには、この洗双糖を愛用しています。しっかりとしたコクがあって料理の風味に厚みが加わるんですよ。そして黒砂糖ほどの強い主張がないので、いろんな料理に合わせやすい。ミネラル分が豊富なのも嬉しいポイントですね。

ITEM

ゆうき市場「洗双糖」

内容量:1kg

¥476 ※2018年4月16日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.【塩】海の精「海の精 あらしお」

2.【塩】海の精「海の精 あらしお」

Photo by macaroni

日本有数の海塩産地・伊豆大島の工場で精製された国内最高峰の塩。塩のうまみが生きる、たとえば塩もみや塩焼きといったシンプルな料理に使うと、他のメーカーの塩との違いがはっきりとわかるはず。高温で焼き上げられた、サラサラの「海の精 やきしお」も使いやすくてお気に入り。1kg200円台のパルシステムの塩と使い分けています。

ITEM

海の精「海の精 あらしお」

内容量:500g

¥1,171〜 ※2018年4月16日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3.【酢】飯尾醸造「富士酢」

3.【酢】飯尾醸造「富士酢」

Photo by macaroni

飯尾醸造の「富士酢」は、1升ビンで買っています。酢の物がずっと嫌いだったんですが、これを使うようになってからはお酢が好きになりました。今では甘酢漬けやピクルスのほか、煮物や炒めものにもお酢を使うようになりました。きんぴらに少し加えると味にコクと深みが出るんです。また、シンプルな料理であればあるほど、富士酢のおいしさが引き立つ気がします。

ITEM

飯尾醸造「富士酢」

内容量:500ml

¥750〜 ※2018年4月16日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4.【酢】メンガツォーリ「有機バルサミコ酢 白」

4.【酢】メンガツォーリ「有機バルサミコ酢 白」

Photo by macaroni

「富士酢」とは別ベクトルで大好きなのが白バルサミコ酢。ほんのり甘くて香りがよく、サラダがふだんの何倍もおいしくなります。ラペやフルーツを使ったサラダに使うのが特におすすめ。

ITEM

メンガツォーリ「有機バルサミコ酢 白」

内容量:250ml

¥952〜 ※2018年4月16日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう