ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

Today's Foodie

荒木典子/料理研究家
神戸生まれ京都育ちの料理研究家。お料理上手の祖母と母の影響で食に関心のある環境で育つ。大学卒業後フランス留学などを経て出版社で料理本の編集者として働いたのち、2007年に独立してお料理の道へ。現在は書籍や雑誌の仕事を中心に、企業へのレシピ提供、料理店の監修などの仕事とともに、世田谷で和食のお料理教室を主催。

丸い食器は見ていてホッとする。

Photo by macaroni

「フリーになって最初の仕事はスタイリングでした」 シンプルでわかりやすい和食のレシピが支持されている荒木典子さん。今では誰もが認める人気料理家ですが、料理本の編集者を経て独立した時、その肩書きは料理研究家ではなくフードスタイリストだったといいます。 「私が働いていた出版社では、料理のスタイリングも編集者の仕事でした。そこで鍛えられたおかげで独立のきっかけを得られたので、感謝しています」
プロのフードスタイリストとして活躍した経験をもつ荒木さんだけに、食器へのこだわりは並々ならぬもの。同業の友人たちと比べても好みがはっきりしているそうで、丸い器が好きなんだとか。 「丸っていいじゃないですか。やわらかくてやさしい感じで。お椀も好きですし、丸いお膳なども好きなんです」 この記事でご紹介するのは、そんな荒木さんの趣味にぴったりハマるという今現在のお気に入り。丸い食器ならではの魅力とは、いったいどういうものなのでしょう。

1.【茶碗】東哉で購入した梅模様のもの

Photo by macaroni

京都の陶器屋「東哉(とうさい)」の銀座店で購入しました。私は和食器が大好きで、宗焼きが好みなので、東哉は特にお気に入りのお店なんです。 このお茶碗は小ぶりな大きさで、桃色の梅の絵付けがかわいらしいですよね。春先になると使いたくなる品のひとつです。

2.【お椀】千鳥模様のもの

Photo by macaroni

古い漆器は塗りの技術や漆の種類が上質で、私好み。掘り出し物を探しに骨董屋へ足を運ぶこともよくあります。このお椀も行きつけの骨董店で手に入れたもの。伝統的な和柄の千鳥模様がかわいくて、手に取るたびに塗りの美しさや繊細な筆跡にうっとりします。 大きめサイズなので、お雑煮やしんじょうなどを入れたお椀ものにぴったり。華やかさを添えたい時に使います。

3.【大皿】信楽焼

Photo by macaroni

存在感のある佇まいのこちらの大皿は、信楽の陶器屋さんにいただいたものです。鍋の具材や焼いたお肉、揚げ物、サラダ……。とにかく何をのせても盛り映えするので、特に来客時に重宝しています。 深い黒と赤みがかった茶色のコントラストが、華やかさのなかにもシックな雰囲気を醸し出していますよね。

4.【皿】実家から譲り受けた染付皿

Photo by macaroni

料理好きだった祖母から譲り受けた染付皿です。こういう柄のお皿って、おじいちゃんやおばあちゃんのお家でよく見たという気がしませんか?目にするたびに、なんだか懐かしい気持ちになるんです。 大きさも色柄も使いやすく、毎日の食事の取り皿として活躍しています。割れたり欠けたりしたところは銀継ぎして、大切に使い続けています。
Photos:13枚
Today's Foodie
調理をする荒木典子さんの様子。
荒木産が東哉で購入したという梅模様の茶碗
和柄の千鳥模様が愛らしいおわん。
信楽の陶器屋で見つけたという赤黒の大皿。
おばあさまから譲り受けたという古い染付皿
華やかな赤絵の小皿。
四つ椀。ふたが器になる。
こちらも食器店「東哉」の商品。八角形のフォルムがモダン。
箸置きいろいろ。
出目金を模した箸置き。
華美でないほどよい装飾が美しいオールドバカラ。
荒木典子さんが高校生の頃から使っている曲げわっぱ。よいツヤと色合い。
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ