ひんやり♪ 冷凍トマトの作り方と便利でおいしい活用レシピ

トマトが安く手に入り、たくさんあって食べきれない!という時は、冷凍トマトにしてみませんか?シャリッとひんやり食感でそのまま食べてもおいしく、料理にも使えますよ。今回は冷凍トマトの作り方と、冷凍トマトの使い方についてご紹介します。

冷凍トマトで食卓を彩ろう

冷凍トマトのメリット

トマトを切って凍らせた「冷凍トマト」は生のトマトに比べて保存期間が長く、おいしさを長期間保てるメリットがあります。また1度凍らせたトマトは皮がむきやすくなるので、湯むきのお湯を準備する必要がありません

そのまま食べられるほか、凍ったまま炒めものや煮込みなどに使えるので、活用方法もいろいろ。トマトの楽しみ方が広がりますよ。

作り方は大変簡単なので、トマトがたくさんある時は冷凍トマトを作って、保存しておきませんか?

気になる味は?

冷凍トマトは、生のトマトで強く感じる酸味や青臭さが取れ、食べやすい味に変化しています。酸味がやわらかくなった分、甘みを強く感じるようになり、まるでフルーツのような味わいに

生のトマトの青臭さが苦手という方は、冷凍すると食べやすく感じるようになるかもしれませんよ。

またひんやりと冷たく、シャリシャリした食感は、暑い夏にシャーベット代わりに食べるのもおすすめです。

冷凍トマトの作り方

冷凍したトマト

Photo by migicco

そのまま食べても、料理にも使える便利な冷凍トマトを実際に作ってみましょう。ミニトマトも冷凍できますが、今回は中玉サイズのトマトを使用しました。

冷凍の準備はいたって簡単なので、他の料理でトマトを切るついでに、一部を冷凍にまわしておくと簡単に作れます。

材料(中玉トマト2個分)

中玉トマトと保存袋

Photo by migicco

・中玉トマト……2個

トマトを入れて冷凍する容器は、フリーザーOKのものなら何でもかまいません。今回はジッパーで密閉できるプラスチックバッグを使用しました。

凍ると中身が判別しづらくなるので、あらかじめ油性ペンで「冷凍トマト」とラベルを書いておくと便利です。

作り方

1. トマトをよく洗い、ヘタを切り取ります。
トマトのヘタをナイフでとる

Photo by migicco

2. 食べやすい大きさにカットします。今回は角切りと、4つ割りにしました。4つ割りはあとですりおろして使うことを想定しています。
トマトを食べやすい大きさにカット

Photo by migicco

3. ラベルを書いたプラスチックバッグにトマトを入れ、なるべく空気を抜いてジッパーを閉めて密閉し、冷凍庫で凍らせたら完成です。

アルミやステンレスのバットに、トマトの入った袋を平たく並べて凍らせると、早く凍ります。

凍らせる時間の目安は5時間から1晩程度。しっかり凍らせて保存性を高めておきましょう。
プラスチックバッグに入ったトマトをバットに並べる

Photo by migicco

作るときのコツ

調理の際の手間を減らすために、ヘタをきちんと取り除いておくこと。また冷凍後の使い道を想定して、切り方を変えておくことが、上手に冷凍トマトを使いこなすコツです。

トマトはまるごと凍らせてもいいですが、大きなものは凍るのに時間が少しかかります。刻まずに大きなまま保存したい場合は半割り、四つ割りがおすすめです。

プラスチックバッグに切ったトマトを平たくのばし、そのまま凍らせると、使う分だけパキッと折って取り出せるので便利ですよ。

冷凍トマトの保存期間は?

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう