3. あっさり風味。菜の花とベーコンのポン酢マリネ

Photo by macaroni

調理時間:15分

菜の花を使って洋風の副菜を作りたいときは、マリネにしてみませんか。菜の花のほろ苦さとカリカリベーコンのコクと旨味のハーモニーがたまりません。オリーブオイルとポン酢しょうゆベースのマリネ液で和えると、あっさりといただけますよ。にんにく(すりおろし)を加えてもOK。

人気の菜の花アレンジレシピ3選

4. 塩麴でコクうま。菜の花とマッシュルームのペンネ

Photo by macaroni

調理時間:20分

菜の花が主役のペンネは、おしゃれな休日ランチにいかがでしょう。味の決め手は塩麴。菜の花のほろっとした苦味が、塩麴のまろやかな旨味でマイルドになりますよ。菜の花やマッシュルーム、クルミといった具材はサッと炒め、食感を残すのがポイント。

5. メインに。菜の花と鶏肉のマスタードクリームソース

Photo by macaroni

調理時間:20分

菜の花と鶏むね肉を使って、ボリュームのあるメインのおかずを作りませんか。粒マスタードの酸味と辛味を効かせたクリームソースが、菜の花独特の苦味とよく合います。淡白な鶏むね肉の旨味も引き立ててくれますよ。ごはんはもちろん、バゲットとも好相性。

6. 旬の味。菜の花とホタルイカの炊き込みごはん

Photo by macaroni

調理時間:90分

菜の花とホタルイカの炊き込みごはんは、まさに旬を満喫できるひと品。菜の花の苦味とホタルイカの甘味が重なり合い、ほのかに香るしょうがが全体の味を引き締めてくれます。2杯目はだし汁をかけ、わさびを添えてお茶漬けにするのも乙な味わい方ですよ♪

菜の花をおいしく食べよう!

「春の皿には苦みを盛れ」という古くからの言い伝えがあるのをご存じですか?菜の花を筆頭に、春野菜には独特の苦味があるのが特徴です。

ゆでて食べることの多い菜の花は、基本のゆで方をおさえておけば、いろいろな料理へのアレンジもしやすくなります。おひたしやからし和えといった定番料理以外にも、菜の花の苦味を生かした料理はバリエーション豊富。ご紹介したレシピもぜひ参考にしてくださいね。

限られた時期しか味わえない菜の花。旬の味をとことん楽しみましょう♪
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ