夏にお弁当を作るときの注意点って?傷ませないコツやレシピも

毎日お弁当作りを頑張っている方で、夏場のお弁当に頭を抱えている人は多いのではないでしょうか?今回は傷めないためのコツや対策を伝授。コツを覚えて梅雨や暑い日のお弁当作りを乗り切りましょう!一緒にお弁当に入れたいおかずレシピも参考にどうぞ♪

2019年6月3日 更新

しっかりと冷ましてから詰める

寒い季節には温かいまますぐに詰め込みたいおかずですが、夏場にそれをやるのはNG。なぜなら、温かい蒸気がフタに付き水滴となっておかずなどにつくためです。

残りものなどを一度加熱して持たせることが鉄則の夏場のお弁当でも、詰める際にはしっかりと冷ましてからにしましょう。

水気をしっかりと取り除く

前述したように、菌を増殖させる原因は水分です。その水分を取り除くには、おかずなどの水気をしっかりと取り除いてから詰めることがポイント

また、油なども同様で、揚げたてのものはキッチンペーパーにしばらく置くなどして、しっかりと油を拭っておきましょう。温かいまま詰めると中の湿気でべちゃっとなりやすく、水分が出てしまいます。

また、フルーツは水分が出やすいですから、おかずなどと一緒の容器に詰めるのは避けたほうがいいでしょう。

調味料は食べる直前に

コロッケにはソース、サラダにはドレッシング、とセットにしたいおかずですが、あらかじめかけて詰め込むよりも、調味料は食べる直前にかけるようにしましょう。あらかじめ調味料をかけてしまうと、お弁当を運んでいるうちに隣のおかずなどに調味料が移動し、傷みやすくなるからです。

とくに、マヨネーズであえたサラダなどは傷みが早いのが特徴。あえて別に持っていき、直前に混ぜるという方法をとったほうが無難です。

実践!保冷剤・冷凍ものを上手に使う

6 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mikki_no

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう