提供 太田胃散

おつかれ気味な時こそ「丁寧な暮らし」を。ゆるく始める4つのコツ

「丁寧な暮らし」というライフスタイルに対してどんなイメージを持っていますか?セミナーに参加したり、特別な道具をそろえたり……そんな難しい準備をしなくても、意外と簡単に始められるんですよ。自分をいたわる4つのコツをご紹介します。

“丁寧な暮らし”で自分をいたわる時間を。

新年度を迎え、職場や学校などの環境に変化があったという人が多いのでは?新たな刺激に触れると、新鮮な驚きや楽しみがある反面、心も体もちょっぴり疲れがちに。そんなときは焦らずに、少し立ち止まってみましょう。いつもよりもちょっぴり「丁寧な暮らし」をすることで自分を見つめ直し、いたわることが大切なんですよ。

「丁寧な暮らし」とは言っても、家庭菜園で採れた野菜でスムージーを作ったり、お味噌や醤油を手作りしたり……と、難易度の高い習慣は、急には始められません。もっと身近なアイテムを使ってのんびり始めることで、心にゆとりもできそう。今回は、毎日の暮らしに少しずつ取り入れられる「丁寧な暮らし」の始め方をご紹介します。

1. 好きな香りを楽しむ

人の記憶や心に作用する効果が期待できるといわれる、香り。アロマオイルやお香などを使ってお部屋の中を好きな香りで満たしましょう。

のんびりくつろいで過ごしたいリビングにはオレンジスイートやベルガモット、洗面所の掃除には爽やかなレモングラスやミント、寝室にはラベンダーなど、シーンに合わせて香りをアレンジすることで、手軽に気分を変えられます。その日の気分やコンディションに合わせたハーブティーで香りを楽しむのもいいですね。

2. お気に入りの器を使う

ご飯を食べるお茶碗やコーヒーカップなど、毎日使うアイテムこそじっくり時間をかけて選びたいもの。高価なものでなくてよいので、こだわりの詰まったお気に入りを探しましょう。温もりが感じられる作家さんの器や、木製のカトラリーもいいですね。

忙しい日はインスタントのコーヒーや食材を使うこともあるかもしれませんが、こだわって選んだ器を使えば、食事の時間やコーヒーブレイクの充実度を上げられるはず。

3. 食事の栄養バランスを見直す

仕事や家事で忙しい日が続くと、栄養バランスが偏ることも。バランスの取れた献立になっているか見直してみましょう。

平日、仕事から帰って料理をするのが難しければ、週末にまとめて常備菜を用意するのもオススメ。体のコンディションをよく観察しながら、口にする食材を選ぶことで、「家族や自分の体をいたわっている」という充実感や達成感も得られそう。

4. 便利なアイテムを活用して手作りに挑戦してみる

豆乳専用種菌 ソイヨーグル 1.5g×10包 4,320円(税込)

豆乳専用種菌 ソイヨーグル 1.5g×10包 4,320円(税込)

毎日のおやつやドリンクを手作りすることでも「丁寧な暮らし」を実感することができます。手間暇かけて作ると、スーパーやコンビニなどで手軽に買った商品よりもおいしく感じられますよね。自分で選んだ素材しか混ざらないので、安心感が高いのもポイント。

一見、手作りするのが難しそうに見えるお味噌や醤油も、便利なキットを活用することで誰でも気軽に始められます。健康志向の人々から注目を集める「豆乳ヨーグルト」も、太田胃散から発売されている「豆乳専用種菌 ソイヨーグル」を使えば簡単に作れます。

500~1,000mlの豆乳に混ぜて常温で2日間ほど発酵させるだけで完成するので、特別な器具や材料は必要ありません。京都の代表的なお漬物のひとつ・すぐき漬に含まれる植物由来の乳酸菌を使用しているので、豆乳好きの方はもちろん、乳アレルギーの方や、乳製品が苦手な方からも支持されているんですよ。

がんばりすぎない「丁寧な暮らし」がちょうどいい。

「丁寧な暮らし」を上手に取り入れるコツは、完璧を目指さないこと。理想の暮らしを目指すあまり、無理をするのは本末転倒。自分のペースで、自分をいたわるように、豊かなエッセンスを少しずつ取り入れていきましょう。「ソイヨーグル」のような便利なアイテムを賢く活用するのもいいですね。

今日は何からはじめよう。そんな小さなワクワクが、毎日の生活に見つかりますように。

特集

SPECIAL CONTENTS