【日々の味付け帖 vol.27】調べ尽くして選び抜く。「てとてと」愛用の調味料たち。

さまざまな食のプロにお気に入りを聞く連載企画。今回は、おもてなし夫婦ユニット「てとてと」の井上豪希さん・桃子さん夫妻の愛用品をご紹介します。1年で100回を超えるホームパーティーを開催するふたりがこだわり抜いて選んだ調味料とは?

僕の地元、大分県の醤油蔵でつくられている薄口醤油です。名水として知られる日田天領水で仕込まれています。

九州地方の醤油の例に漏れず、甘口です。薄口醤油の割に塩味がまろやかで、味も甘みもしっかりしているという印象。色が薄く、たくさん使っても料理が真っ黒にならないので、色を気にせず安心して使える醤油です。

5.【味噌】西京味噌「西京白みそ」

西京味噌の「西京白みそ」。お味噌汁のほか、料理の隠し味、ソース、タレなど使い所はさまざま。

Photo by macaroni

裏ごししてつくられている白味噌なので、味噌汁に使う場合もこれなら濾し器がいりません。また、調味料として使っても、食感を邪魔することがありません。

ソースやタレに使ってもいいですし、隠し味にもおすすめです。この味噌を使うだけで味わいが上品になります。

ITEM

西京味噌「西京白みそ」

内容量:500g

¥453〜 ※2018年4月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

6.【ソース】カゴメ「とんかつソース」

カゴメの「とんかつソース」は、他社のものよりややスパイシー。

Photo by macaroni

カゴメのソースは他社のものと比べてスパイシー。甘さが少し抑えられていて、大人味という印象です。コロッケやとんかつにこれをかけると、料理としての本格的度が増すと感じています。とにかく、風味のバランスが抜群。飽きのこない味わいです。

ITEM

カゴメ「とんかつソース」

内容量:160ml

¥166〜 ※2018年4月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

7.【ごま油】九鬼「純正胡麻油こいくち」

九鬼の「純正胡麻油こいくち」。焙煎ごま油特有の力強い香りが特徴。

Photo by macaroni

九鬼「純正胡麻油こいくち」は、ごまを特に強く煎ってから、伝統的な圧搾製法100%で仕上げたという純正ごま油です。魅力は、焙煎ごま油ならではという力強い香り。煮物、炒め物、和え物など和食の風味付けやコクを出すのに役立ちます。

我が家ではドレッシングに使うことも多く、揚げ油に少量加えて香りづけをすることもあります。

ITEM

九鬼「純正胡麻油こいくち」

内容量:600g

¥883〜 ※2018年4月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

8.【オリーブオイル】セドリックカサノヴァ「フランチェスコのチェラソーラ」

セドリックカサノヴァの「フランチェスコのチェラソーラ」。

Photo by macaroni

このオリーブオイルは、チェラソーラという種類のオリーブだけでつくられたもの。香りが芳醇でほんのり甘く、リッチな味わい。パスタやオムレツなどに使うとワンランクもツーランクも味のレベルを引き上げてくれます。

これまで使ってきたどのオリーブオイルよりも、力強くてグラマラス。それでいて幅広い料理にドンピシャで合う、魅力的なオリーブオイルです。

9.【油】平出油屋「玉締め圧搾 菜種油」

平出油屋の「玉締め圧搾 菜種油」。昔ながらの製法でつくられており、菜種独特の香りが魅力。

Photo by macaroni

菜たね油には輸入物が多いですが、平出油屋の「玉締め圧搾 菜種油」は、国産にこだわり、昔ながらの圧搾製法でつくられています。

さらっとしていて味があり、菜種独特の香りも魅力。特に和食との相性が抜群で、炒めものや卵焼きに使うと抜群においしく仕上がります。

ITEM

平出油屋「玉締め圧搾 菜種油」

内容量:1650g

¥1646〜 ※2018年4月6日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

10.【マヨネーズ】味の素「ピュアセレクト」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう