【基本】ピクルスのレシピ♪ シャキシャキ食感で食卓を彩ろう

彩り豊かなピクルスレシピをご紹介します。カリフラワーやセロリ、にんじん、きゅうりなどを使いますよ。箸休めや、副菜、お弁当に大活躍間違いなし!とっても簡単なので、常備菜として覚えておくと便利ですよ。おすすめのアレンジレシピも試してくださいね。

簡単!ピクルスのレシピ

材料(2瓶分)〜調理時間30分〜

カリフラワー……1/3株(150g)
セロリ……1本(100g)
にんじん……1本(150g)
赤パプリカ……1個(150g)
きゅうり……1本(100g)

ピクルス液
酢……500cc
水……150cc
砂糖……大さじ4杯(約50g)
塩……小さじ2杯
黒こしょう(ホール)……10粒
赤唐辛子……1本
ローリエ……2枚

下ごしらえ

保存瓶は熱湯で消毒し、乾燥させます。

作り方

1. カリフラワーは食べやすい大きさに、セロリは4cm幅の短冊切り、にんじんは4cm幅の拍子切りにします。パプリカ、きゅうりは乱切りにします。

2. 小鍋にピクルス液の材料をすべて入れ、中火にかけます。ひと煮立ちしたら火から下ろし、冷まします。

3. 別の鍋にお湯を沸かし、塩少々(分量外)と野菜を入れて固めに茹で、ザルに上げて粗熱を取ります。

4. 保存瓶に3の野菜を入れ、ピクルス液を野菜が浸るまで注ぎ入れて漬け込み、冷蔵庫で保存します。

ポイント

ピクルスは漬け込んだ翌日から食べごろです!漬け込む野菜の種類を変えたり、ピクルス液にカレー粉や昆布を入れることでピクルスのバリエーションが広がりますよ♪

保存方法と日持ち

保存方法

保存容器は清潔なものを使い、空気になるべく触れないよう密閉します。食べる分だけ清潔な箸で取り出し、あとは空気を抜いて保存しましょう。

日持ち

ピクルスといえば長期保存ができるイメージがありますが、自家製は雑菌が入りやすく、冷蔵庫保存で、1週間ほどで食べきってしまうのがベストです。
▼ピクルスを作るなら覚えておきたい!煮沸消毒の方法はこちら

人気のアレンジレシピ5選

1. きゅうりのマスタードピクルス

保存瓶にきゅうりのマスタードピクルス

Photo by macaroni

マスタードがアクセントになったきゅうりのピクルスは、普段とは違ったテイストを味わえます。きゅうりはピーラーで縞模様に皮を剥いておけば、味が染み込みやすくなりますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS