見た目も味も文句なし♪クグロフの基本の作り方&専用型おすすめ2選

王冠形が華やかな印象の「クグロフ」。ケーキにもパンにも見えますが、一体どんな食べ物なのでしょう?そんな「クグロフ」の基本レシピと一緒に、焼きっぱなしでもおしゃれに仕上がるおすすめのクグロフ型2選もご紹介します!ぜひチャレンジしてくださいね♪

2018年7月4日 更新

2. 生地をこねる。

材料を混ぜている様子

Photo by suncatch

ボウルに強力粉・ドライイースト・砂糖・塩・卵黄・牛乳を入れ、サックリとヘラで混ぜます。
丸く成形した記事

Photo by suncatch

全体が混ざれば、ボールの中でまとまるまでこねます。
こねている様子

Photo by suncatch

打ち粉をした台の上で生地を叩きつけながら10分こねます。バターを3度に分けて混ぜ込みながら5分こね、ひとつに丸めます。

3. レーズンを混ぜて1次発酵

レーズンを加えて伸ばした様子

Photo by suncatch

生地を広げてレーズンを押し付けます。4つに折りたたんでまとめ、のばして折りたたむを数回繰り返し、レーズンを混ぜ込みましょう。
丸めて寝かしている様子

Photo by suncatch

生地を丸めてボウルに入れ、ラップをかけて2倍の大きさになるまで発酵します。25~30℃で70分が目安、高温になるとバターが溶けてベタつくので低温で長時間の方がよいです。

4. 成形し2次発酵~焼き上げる。

ガス抜きをしてさらに寝かしている様子

Photo by suncatch

生地を取り出します。打ち粉をした台でガス抜きし、丸めて15分置きます。(ベンチタイム)
型にアーモンドを入れた状態

Photo by suncatch

型の底にアーモンドを置きます。テフロン加工でない型の場合は、薄く溶かしバターをぬっておきましょう。
ドーナツのように丸く穴を開けた生地

Photo by suncatch

生地を少し平らな丸型に広げ、真ん中に穴を開けます。
ラップをし、さらに寝かせている様子

Photo by suncatch

生地につなぎ目の無い側が型の底になるよう、生地を型に入れます。型と生地の間にすき間がないよう軽く押し、ラップをかけ30℃で30分発酵します。
焼いたクグロフ

Photo by suncatch

200℃に予熱したオーブンでで30分焼けば完成です。

盛り付け

出来上がったクグロフ

Photo by suncatch

型ごとトンと軽く落としてから逆さまにして型を外し、ケーキクーラーにのせて冷まします。
粉糖をかけた状態

Photo by sunscatch

粉糖を振りかけて完成です。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう