18. ピリッとアクセント。焼きたらこのちらし寿司

冷蔵庫にたらこや明太子が残っていたら、ぜひ作ってみたいひと品。魚焼きグリルで焼いて、酢飯に混ぜ込みましょう。ほんのりピンク色で、ところどころにピリッと刺激を感じるちらし寿司に仕上がります。それぞれの具材を作るのが面倒な人や時間がない人にもおすすめ。

19. お手軽。鮭フレークちらし寿司

瓶詰の鮭フレークは、ちらし寿司の具材としてマッチします。瓶詰特有の油っぽさが気になるなら、みょうがや大葉、しょうがなどの薬味を刻んで一緒に混ぜ合わせるとおいしく食べられますよ。鮭フレーク以外にも、焼きサバや塩鮭など焼き魚をほぐして加えてもGOOD!

20. 手間要らず。炊き込みちらし寿司

酢飯を作り具材を煮るなどの工程を、一気に炊飯器でおこなうひと品。酢は、加熱することで香りや味わいが飛んでしまうので、少し多めに加えたり炊きあがってから少し足したりと工夫してください。これなら、忙しいときにも作れるうえ、ほかの料理に手をかけられますね。

バリエーション豊富なちらし寿司

ちらし寿司は、アレンジ自在。ひなまつりや特別な日に作りたくなる豪華なちらし寿司から、普段のランチやお弁当に入れられる手軽なものまで幅広く作れます。形や盛り付けを変えれば、同じ食材を使っても別物に見える点もうれしいメリット。

ちらし寿司には、具材それぞれに使う意味合いがありますが、決まりではないので好きなものをたっぷり使って気楽に作ってみてくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ