ジンギスカンの名店!中目黒「まえだや」は〆までラム三昧!?

ジンギスカンのメッカともよばれる中目黒で、昔から愛される名店があります。その名も「ジンギスカン食堂 まえだや」。新鮮なラム肉を網焼き、ジンギスカンで楽しめます。〆のメニューにもラム肉が入っていて、最後までラムざんまい!

2018年9月10日 更新

中目黒「ジンギスカン食堂 まえだや」

中目黒「ジンギスカン食堂 まえだや」

画像はイメージです

かつて巻き起こったジンギスカンブームの中、中目黒は「ジンギスカンのメッカ」と呼ばれていたのを知っていますか?今回ご紹介するのは、そんな激戦区でも根強いファンをもつ「ジンギスカン食堂 まえだや」。1999年の創業、日本家屋を改装したシンプルな造りのお店です。

今回、筆者が実際に足を運び、その味を確かめてきたので詳しくレポートしていきますね!

網焼きにジンギスカン、ラム尽くし!

1,400円(税抜)

Photo by macaroni

ラムネギ塩 1,400円(税抜)

店内に入るとまず驚くのがジンギスカンのお店とは思えないほどの清潔感!油のハネや煙による黒ずみもなく、綺麗な状態が保たれています。

早速ジンギスカンを食べるぞ!と意気込んでいたのですが、どうやらラム肉の網焼きを先に食べるのがおすすめなんだそう。ということで、まずはラムネギ塩を注文!
最初に店員さんが、どのようなラム肉なのか、焼き方や食べごろなどを丁寧に説明してくれます。ラムネギ塩はサッと火を通し、脂がパチパチと跳ねてきたら食べごろ!

レモン汁につけてネギをこぼさないようにそ〜っと口へ運ぶと、さっぱりとしたラムの旨味に悶絶……!新鮮なラム肉を使用しているのでイヤな臭みもなく、これにはビールもすすみます!
1人前 1,500円

Photo by macaroni

ラム肩ロース 1人前 1,500円

厚めにカットされたラム肩ロースも新鮮さが売りで、店員さんいわく生で食べても大丈夫なんだとか。こちらのお肉は表面の脂が弾けてきたらひっくり返し、少し赤みが残っているくらいの状態が食べごろ。

まず塩コショウだけで食べて、赤身の旨味とラム肉ならではの香りを楽しむのがツウ!そのあとお好みでレモン汁やあっさりした甘い醤油だれにつけていただきます。

ジンギスカン 1人前 1,300円

メインのジンギスカンはラム肉の脂を絡めた野菜と一緒に食べることで、また一味違ったおいいしさを味わえます。試行錯誤して作り上げられたという、自家製ダレとの相性もバッチリです。

さすがにジンギスカンを食べ終わるころには胃もたれするかと思いきや、むしろまだまだ食べたい!そう思わせるほどの中毒性があります……!このあと追加でラム肉を注文し、ようやくお腹いっぱいに。

〆にもラム肉!最後のデザートも忘れずに

1,000(税抜)

Photo by macaroni

キーマカレー 1,000(税抜)

最後はしっかり〆たい!そんな方におすすめなのが、まえだやの「キーマカレー」。ラム肉のひき肉をつかったドライカレーは、ぴりりとスパイスが効いていて、食欲をかき立てます。お腹いっぱいだったことも忘れて、パクパクとおいしく平らげちゃいました!横を見渡せばみんな食べているくらい、まえだやでは鉄板の〆メニューです!
〆にもラム肉!最後のデザートも忘れずに

Photo by macaroni

まえだやの隠れた名物のソフトクリームは、別腹を無理やり空けてでも食べて欲しいおいしさ!北海道産の四つ葉牛乳を使用していることで牛乳本来のコクや風味を感じられます。テイクアウトもできますよ!
〆にもラム肉!最後のデザートも忘れずに

Photo by macaroni

ふう、さすがにお腹いっぱいだ……。お店を出る前にトイレに行っておこう。

そう思ってトイレに入った瞬間目に入ったのが、物憂げにこちらを見ている子羊……!たらふくラム肉を食べた後だと、なんともいたたまれない気持ちになりますね……。

“おいしいラム肉をありがとう” と、そう子羊に感謝してお店を出たのでした。

ジンギスカンの名店、ここにあり!

まえだやさん、ごちそうさまでした!網焼きにジンギスカン、〆のカレーまで、まさにラム尽くし!さっぱりとしているので胃もたれせず、無限に食べられそうなおいしさでした。

おいしいラム肉を食べたい方は、ぜひ「まえだや」に訪れてみてくださいね。(トイレにいる子羊に感謝するのも忘れずに……!)
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Johnny

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう