連載

【わたしの食器棚 vol.2】おいしく見える不思議な魔法。榎本美沙さん愛用の食器たち

さまざまな食のプロに、お気に入りのキッチンアイテムを聞く連載企画。今回は、レシピサイト「ふたりごはん」で人気の料理家・榎本美沙さん愛用の食器をご紹介します。榎本さんが料理をおいしく見せる食器選びで大切にしていることとは?

2018年7月3日 更新

Today's Foodie

料理家(調理師/食育インストラクター)

榎本美沙 料理家(調理師/食育インストラクター)

広告会社勤務の傍ら、夫婦で一緒に料理を作るレシピ紹介サイト「ふたりごはん」を開設。その後、調理師学校を卒業し独立。主に「簡単」「素材を活かす」「一緒に料理」「食育」などの領域で企業のレシピ開発、雑誌やWEBへのレシピ提供、イベント出演や食育にも活動の幅を広げる。

食卓を彩るお気に入りの食器たち。

食卓を彩るお気に入りの食器たち。

Photo by macaroni

大切な人と一緒につくる“ふたりごはん”をテーマに、料理家として幅広く活躍する榎本美沙さん。企業のレシピ開発や雑誌、Webメディアを中心に、見栄えにこだわった簡単料理を日々発信しています。

そんな榎本さんは、旦那さんとともに「ふたりごはん」というレシピサイトを運営中。シズル感のある華やかな料理写真に目を奪われてしまいますが、実は、各料理を引き立てる食器選びにも相当のこだわりがあるのだとか。「見栄えがいいと食事も楽しくなるし、作っているときのテンションも上がります」と榎本さん。

そこで今回は、料理に向かう気持ちを上げるお気に入りの食器を、11点ピックアップしていただきました。アイテムとの出会いやお気に入りの理由などとあわせてご紹介します。

1.【茶碗】文五郎窯 「十草 丸椀 S」

1.【茶碗】文五郎窯 「十草 丸椀 S」

Photo by macaroni

滋賀県の信楽にある窯元「文五郎窯」でつくられる器は、どれも私のお気に入り。あるイベントで出会って以来、現地の窯にお邪魔したり、個展にうかがったりとお世話になっておる窯元さんです。このお茶碗もそのひとつ。十草(とくさ)の美しい模様と、愛くるしい丸みが大好きです。わたしはSサイズ、主人はMサイズを使っています。手になじむ円形の形状は持ちやすく、普段の食卓に登場する頻度もかなり高めです。

ITEM

文五郎窯「十草 丸椀 S」

サイズ:約11.5×7.5cm

¥3,456 ※2018年2月28日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

2.【お椀】薗部産業「めいぼく椀 ぶな 中」

2.【お椀】薗部産業「めいぼく椀 ぶな 中」

Photo by macaroni

神奈川県小田原市の70年以上続く木工所「薗部(そのべ)産業」。めいぼく椀は、作り上げられるまでに数ヶ月を要し、すべて職人の方の手仕事でできあがるそうです。わたしはぶなの素材を選びましたが、他にもさくら、けやき、くり、くるみ、ならなど、好みの素材を選べるんです。お椀によって木目が違ってくるのも木製品の特徴で、目で見て触って自分だけの品を選んでみるといいかもしれません。

丸っこくてころころとしたフォルムは、食卓をやわらかい雰囲気に。手で持ったときに感じる丸みも大好きです。

ITEM

薗部産業「めいぼく椀 ぶな 中」

サイズ:幅Φ11.5×高さ6.8(cm)

¥3,780 ※2018年2月28日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう