春になってもおでんが食べたい!行っておくべき名店を厳選!

いよいよ春を迎え、凍える日も少なくなってきましたよね。それでも、心をホッととかすためにも食べてほしいのが「おでん」!今回は、東京でおいしいおでんを食べられるお店をご紹介します。中にはミシュラン掲載のお店もありますよ!

2018年3月2日 更新

今、行っておきたい「おでんの店」はここ!

立春を迎え、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日も続いていますよね。そんなときはやっぱり、あったかおでんをハフハフしたくありませんか?

そこで今回は、いま食べておきたい名店のおでんに加え、密かに人気だという注目おでんもご紹介します。

予約2ヶ月待ち!? 西新宿「西尾さん」

まずご紹介するのが、新宿三丁目にひっそりと佇む「西尾さん」。オーナーである西尾さんが、ひとりで切り盛りする隠れ家のようなお店です。お店の看板には、「おそい、せまい、暑い」という売り文句(?)が書いてあるのですが、予約は常に2ヶ月先までいっぱいなんだとか!

階段を降って地下にあるお店に入ると、小綺麗でノスタルジックな店内が広がります。それぞれの座席に「〇〇さん ご予約席です」という手書きのボードが置いてあり、店内の隅々まで西尾さんのこだわりと優しさが溢れ出ています。
予約2ヶ月待ち!? 西新宿「西尾さん」

Photo by macaroni

静岡出身の西尾さんが作るのは、黒い煮汁が特徴的な静岡おでん。鍋に入った串おでんをセルフサービスでとっていき、その上に削りぶしの出汁粉をかけていただきます。

おすすめは静岡おでんならではの黒はんぺん。牛すじの煮汁が染みて、ふわっとした食感も楽しめます。

自家製さつまあげ

自家製さつまあげ

Photo by macaroni

西尾さんの名物、自家製さつまあげは必食!表面はカリカリで中はふわっふわ。まずはそのまま食べて素材のうまさを味わい、あとは醤油などをお好みでかけていただきます。
おでんのお供に欠かせないのが、旨味がよく出た昆布入り焼酎。北海道産の貴重な昆布は仕入れ量が限られているので、おひとり様1杯まで。旨味が出るまで大事に育てたら、おでんと一緒にクイっとどうぞ!

店舗情報

西尾さん
■最寄駅:新宿三丁目駅から徒歩3分 新宿駅より徒歩10分
■住所:東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル3号 B1F
■電話番号:03-3358-6625
■営業時間:17:00~24:00
■定休日:月曜または日曜の、先に予約が入った日は営業し一方は休み
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■wifi:なし
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13026389/

ビブグルマンに選ばれた「こなから」

御茶ノ水に本店を構える「こなから」は、ミシュランガイドにビブグルマンとして掲載されたことのあるおでんの名店。ひょうたん型の鍋で煮込まれるおでんは、25年以上かけて築きあげたという関西風のお出汁が評判です。

座席は全て掘りごたつ式のカウンター席。寒い日には堀りごたつでおでんと一緒にお酒を楽しむお客さんで賑わいます。
こなからのおでんは練り物にこだわりがあり、全て手間と時間をかけて、手作りされています。そのため、他のおでん屋さんでは味わえない風味や食感が楽しめるのだとか。

ひょうたん型にくり抜かれた大根が、ちょこんとのっていてかわいらしいですね。
一品料理としてメニューに並ぶ牡蠣おでんは、新鮮で粒の大きなものが揃っています。牡蠣の旨味とお出汁は相性抜群で、言うまでもないおいしさ。こなから名物の「ごまだれごますり出世うどん」は、おでんの〆におすすめです。

店舗情報

こなから
■最寄駅:御茶ノ水駅から徒歩4分
■住所:東京都文京区湯島1-9-6
■電話番号:03-3816-0997
■営業時間:
平日:18:00~22:30(L.O.22:10)
土曜日:17:00~22:30(L.O.22:00)
祝日:17:00~22:00(L.O.21:30)
■定休日:日曜日
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13003542/
■公式HP:http://konakara.com/
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Johnny

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう