10. ターメリックで色鮮やかな仕上がりに

ターメリックやしょうがなどのハーブと酢を合わせるマリネです。レーズンも一緒に漬けこんでいき、食感や酸味だけではなく、甘味が適度なアクセントになっています。漬け込む時間も15分程度なので、メイン料理を作りながら同時進行で作ることができて便利ですよね。お酒のおつまみだけではなく、味のシンプルなパスタやピラフなどの添え物にいかがでしょうか。

生でもおいしい!カリフラワースープレシピ5選

カリフラワーを生のままポタージュなどのスープに仕上げても粒つぶの食感を楽しむことができておいしいですよ。レシピはすべて加熱して作るスープが中心ですが、カリフラワーのやわらかさを調節して、硬さをのこしたまま仕上げる方法もおすすめです。

11. カリフラワーのポタージュ

カリフラワーを玉ねぎと合わせてポタージュに仕上げていくひと品です。生クリームの濃厚な味わいがのどをうるおしながら体に染み入り、とてもおいしくなりますよ。隠し味のコンデンスミルクがやさしい味わいに仕上げてくれます。

12. カリフラワーのコンソメスープ

お野菜とベーコンをコンソメでしっかり煮込んでいくひと品です。それぞれのお野菜からうまみが出ておいしく仕上がりますよ。生のカリフラワーの食感を楽しむ場合は、カリフラワーの煮込み時間を最小限に抑えていきましょう。

13. カリフラワーのトマトスープ

具沢山の材料と、ソーセージを固形スープで煮込んでいき、ケチャップで仕上げていきます。ケチャップの酸味でさっぱりさわやかな味わいに。具沢山で、腹持ちも期待できそうですね。オフィスやピクニックに持っていくのもよさそうです。

14. 食感を残すホワイトクリームスープ

ゆでたカリフラワーから作るクリームスープですが、生のままさっと炒めてスープ仕立てにする方法もおすすめです。カリフラワーの食感を残しながら食べられて、クリームスープの甘味もとてもおいしそうです。

編集部のおすすめ