大量買い置きしよう!冷凍保存できる野菜とその方法【保存版】

お野菜を大量にゲットしたら、ぜひ試したい方法は冷凍保存。今回は冷凍できるお野菜と、その方法をご紹介します。お野菜によって下処理や冷凍方法も違いますので、ぜひチェックしてくださいね。意外なお野菜も冷凍保存ができちゃうかもしれません!

2018年5月25日 更新

冷凍野菜の解凍方法

冷凍したお野菜を解凍する一番おすすめな方法は、冷凍したままお料理に使ってしまうこと!お手軽なのはもちろんのこと、うまみが逃げ出すことなくおいしさを全部味わうことができます。時間短縮にも繋がりますので、忙しい方やズボラさんにも嬉しい方法ですね。

そのほかの方法としては、袋のまま流水で解凍する方法やレンジで加熱して解凍する方法、そして常温でゆっくりと解凍する方法などがあります。使いたい用途やお料理に合わせて、適した解凍方法を選んでみてください。

冷凍できないのはどんな野菜?

基本的に冷凍保存に向いていないお野菜としては、3種類のものが挙げられます。

まずはレタスやきゅうりなどの水分の多い上に生で食べることが基本とされているお野菜。解凍すると水分が出てベチャベチャになってしまいますので、生食には向きません。

次が、繊維の多いお野菜です。ゴボウやセリなどが例として挙げられますね。繊維の間に含まれている水分だけが失われ筋っぽくなってしまい、独特の食感は味わうことができません。軽く茹でてから冷凍することで、多少は防ぐことができます。

最後が、薬味として使われるお野菜。生姜やみょうが、わさびなど、おなじみのお野菜がたくさんありますね。これらを解凍すると風味が落ちてしまうので、薬味としては力不足。もし冷凍する場合は炒めものなどに使うのがよいでしょう。

お野菜を上手に冷凍保存♪

いろいろなお野菜の冷凍保存の方法はいかがだったでしょうか?根菜や葉物など、ちょっと意外なものが冷凍保存できることもわかったのではないでしょうか。それぞれのお野菜にぴったりな冷凍保存方法があるので、適した方法で保存をしたいですね。

お野菜を冷凍保存するときに重要なのはズバリ下処理。ゆでたりきちんとカットしたりして、使うときにもっとおいしくなるようにしちゃいましょう。お野菜をたっぷりゲットしたら、ぜひ冷凍保存してくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
7 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう