連載

特製タレが決め手!『焼豚とメンマのデリ風和え物』は豚の旨みがじんわ〜りしみる

手作りは難しいイメージのある焼豚。でもコツをおさえれば、しっとりジューシーな味わいをお家で楽しめます。今回紹介するのは『焼豚とメンマのデリ風和え物』。特製ネギダレと自家製焼豚のコンビネーションは、まさにデパ地下グルメのようなおいしさです♪

2018年6月7日 更新

自家製焼豚と特製タレで本格おつまみ♪

自家製焼豚と特製タレで本格おつまみ♪

Photo by 前田未希

ラーメンのトッピングやチャーハンの具材など、さまざまなお料理で活躍する焼豚。もちろんおつまみとしても最高ですよね。

今回紹介するのは、特製ネギダレでさっぱりといただける『焼豚とメンマのデリ風和え物』。一から手作りするのは難しいと思われがちな焼豚ですが、コツをおさえれば簡単においしく作れます。豚の旨味がたっぷり染み込んだ甘辛いタレは、デパ地下グルメのような本格的な味わいです♪

『焼豚とメンマのデリ風和え物』の作り方

分量(小鉢 3〜4人分)

【焼豚】
豚ロース 250g
長ネギ(青い部分) 10cm
A 水 1/2カップ
A 醤油 1/2カップ
A 砂糖 80g
A みりん 大さじ1
A 酒 大さじ1
A すりおろし生姜 少々

※そのほか、お好みですりおろしニンニクを加えてもおいしいです。

【和え物】
かいわれ大根 1パック
メンマ 大さじ2
長ネギ(白い部分) 10cm
B 焼豚の煮汁 大さじ1
B オリーブオイル 大さじ1
B 酢 小さじ1
B 煎り胡麻 小さじ1
 

作り方

①豚ロースはフォークで全体を刺し、タコ糸で縛る。
作り方

Photo by 前田未希

フォークで刺すと柔らかい仕上がりになります。またタコ糸で縛ると、形が崩れずにくくなりますよ。
②フライパンに少量の油(分量外)を熱し、強火で豚肉を焼く。
作り方

Photo by 前田未希

③全面にこんがりと焼き色をつける。
作り方

Photo by 前田未希

強火で表面を焼きつけ、旨みと水分を閉じ込めます。このあと煮込むので、なかまで火を通す必要はありません。
④鍋に豚肉とたっぷりの水を入れて、火にかける。
作り方

Photo by 前田未希

⑤煮立ったら火からおろし、湯切りする。
作り方

Photo by 前田未希

下茹ですると豚肉のくさみが取れます。今回は和え物にするので、さっと茹で歯ごたえを残しましょう。

柔らかめがお好みの方は、煮立ってから30分ほど火にかけてください。水分が蒸発するので、水をたしながら煮込んでくださいね。
⑥鍋に湯切りした豚肉とAを入れ、ひと煮立ちさせる。
作り方

Photo by 前田未希

⑦煮立ったら長ネギを加える。
作り方

Photo by 前田未希

⑧蓋をして弱めの中火で30分間煮る。
作り方

Photo by 前田未希

ときどき蓋を開けて豚肉を動かし、味が均一にしみるようにしましょう。20分をすぎたあたらりからは、煮汁が焦げないようにこまめにチェックしてください。調理器具によって加熱時間は調整してくださいね。
⑨火を止め、粗熱を取る。
作り方

Photo by 前田未希

⑩長ネギを刻んで白髪ネギにする。
作り方

Photo by 前田未希

⑪かいわれ大根は食べやすい長さにざく切りにする。
作り方

Photo by 前田未希

⑫粗熱が取れた焼豚は紐をはずし、5mm幅にスライスする。
作り方

Photo by 前田未希

⑬Bを混ぜて合わせ調味料を作る。
作り方

Photo by 前田未希

オリーブオイルと焼豚のタレは相性ばっちり。ごま油を使うと、味がくどくなってしまうのでおすすめしません。
⑭合わせ調味料に長ネギを加え、繊維をつぶすように軽く押しながら混ぜる。
作り方

Photo by 前田未希

ネギを軽く押しつぶすと、香りが全体にひろがります。
⑮焼豚とかいわれ大根、メンマを加えてさっと混ぜる。
作り方

Photo by 前田未希

メンマが太い場合は、細く切っておきましょう。

噛めば噛むほど焼豚の旨みが!

噛めば噛むほど焼豚の旨みが!

Photo by 前田未希

小鉢に盛りつけて召し上がれ!

手作りの焼豚は旨みがギュッと凝縮され、噛めば噛むほどおいしさが増していきます。ネギの辛味や香り、お酢の酸味がアクセントとなり、さっぱりとした口当たりでいくらでも食べられますよ♪

日本酒や焼酎など、すっきりとした飲みくちのお酒と合わせてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう