まるでイタリア?六本木「ノック クッチーナ」は女子が満足できるお店

六本木の真ん中のゴキゲンなカジュアルイタリアン食堂「ノック クッチーナ・ボナ・イタリアーナ(KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA)」は、雰囲気も料理もゴキゲンなお店でした〜。こっちが食べたいものをわかってくれてるそんな印象。ワイワイ飲みや女子会にぜひ。

2018年11月2日 更新
こんにちわ、ハツです。

六本木でゴキゲンなイタリアンを教えて頂いたよ!
「ノック クッチーナ・ボナ・イタリアーナ(KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA)」。
ちょっと長い名前のお店は、
料理長「梶原政之"カズ"」の、『楽しいイタリアの食堂』 という意味、だそうです。
なんだかこれだけで親しみが持てる感じがするw

「もしピエモンテ州に私達のお店があったら、どんな食堂を作ろうか?」
と考えられたお店だけあって、雰囲気も楽しいし、店員さんもすごく元気があっていい感じ。
場所は六本木と西麻布の間くらい、ちょっと六本木寄り。
ヒルズの近くのマックのところを奥に入っていく感じです。

こんなところに、こんなイタリアンあったんだ~と。
2011年OPENだそうです。

店内はすごく活気があって、お客さんもいっぱいでした。
席数は70程で全席テーブル。
お料理はもちろん、本場のイタリアン。
珍しい食材など、色々教えてもらいながら楽しめます。

このお煎餅みたいなのがお通しで出てきましたw
そして、泡で乾杯。
こちらも珍しい一品。
マスカルポーネの炭焼きレーズンパネ・パンナ。
香ばしく焼いたレーズンパンにマスカルポーネをつけて頂きます。
おしゃれな前菜ですね。レーズンとマスカルポーネの相性も良し。
高知『まるちゃんのフルーツトマト』と 丸ごとモッツアレッラのカプレーゼ。
本当にモッツアレラが丸ごと入ってる!これ、自分たちでカットして食べるらしいです。
こうゆうのも結構好きですw
がっつりサラダは、お肉たっぷり!
牛『うちもも』肉の炭火焼きとほうれん草の 甘バルサミコ&マヨサラダ。
甘めのバルサミコ&マヨネーズのソースって新しい。これ、家でも作りたいな。
丸ごとブロッコリーにアンチョビ。
丸ごと入ってるメニュー多いなw
ブロッコリー大好きなハツには嬉しい一品。やっぱりアンチョビとの相性は最高。
お肉を目前に、ワインは赤を。
『カッスーラ』という名の  キャベツと豚のトマト煮込み。
甘めのトマトソースに塊の豚が柔らかく煮込んであります。
キャベツの甘みもまたいいんですよね。
お肉は、炭焼鴨ロースをチョイス。
この焼き加減、最高ですね~。
大好きなパスタは、絶対カラスミ!
これでもかってほどにカラスミかけて頂いて、幸せすぎる。
大きなティラミスはみんなでシェア。
雰囲気からお料理までゴキゲンなお店だったな~。
ここはデートではなく、みんなでワイワイ来たい感じ。

ワインをボトルで強気にあけながら、がっつりお肉というのがイイ。
ランチのパスタも人気のようなので、休日にぜひ来てみたい。

また来ます、楽しい時間をありがとうございました!

ノック クッチーナ・ボナ・イタリアーナ(KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA)

住所:東京都港区西麻布3-2-11 第2谷澤ビル1F
電話番号:03-3478-8220
営業時間:[月~金] 11:30~15:00(L.O.14:00) 17:30~24:00 (L.O.23:00)、[土,日,祝]12:00~15:00(L.O.14:30) 17:30~23:00 (L.O.22:00)
客単価:5,000円〜6,000円
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13135551/

特集

SPECIAL CONTENTS