宮城名物笹かまぼこ工場見学!「鐘崎・かまぼこの国 笹かま館」に行ってきた!

宮城名物・笹かまぼこの人気メーカー、鐘崎。こちらのミニ笹かま工場を見学に行ってきました−! 同社は2011年3月の東日本大震災の際には地震の影響で一時生産を中止していたものの数カ月後に再開。そんな経緯も踏まえつつ、宮城県を食べて応援! という気持ちを持ちつつ楽しみました♡

いざ仙台、そして鐘崎・かまぼこの国 笹かま館へ

仙台さ行ってきました。仙台名物も色々ありますが、笹の葉を模した「笹かまぼこ」は酒の肴に、おかずにと重宝するものです。そんな笹かまぼこは県内各社特徴があるもの。中でも「鐘崎」はファンも多い老舗メーカーなのです。その「鐘崎」の笹かま製造過程が見られる「鐘崎 笹かま館」に妹と出かけてきましたよー。

笹かまぼこって……?

笹の葉の形。ふっくらしていて、噛みしめるとお魚の味がじゅんわり。わさびしょう油で食べるとおいしい。

笹かまぼこの一般的な形 笹の葉の形。ふっくらしていて、噛みしめるとお魚の味がじゅんわり。わさびしょう油で食べるとおいしい。

蒲鉾(かまぼこ、英名:Kamaboko)は、練り製品(英名:Fishjelly products)のひとつ。原料にはタラ類、サメ類、イトヨリ、ベラ類他の白身魚が使用される。

出典: ja.wikipedia.org

旧仙台藩主伊達家の家紋「竹に雀」の笹にちなんで「笹かまぼこ」と呼ぶようになった。気仙沼市・石巻市・塩竈市のほか、宮城県内の太平洋沿岸の港町でも生産は多い。
現在の製法は、笹形の木枠あるいは鉄製枠にすり身を入れておおよそを成型し、贈答品などではその後手で細かな成形をする工程を入れて、竹串に刺して焼いて作られる。

出典: ja.wikipedia.org

鐘崎の笹かまぼこ

鐘崎の笹かまぼこは保存料、でんぷんなどを一切使用していません。肉厚・ぷっくら食感が特徴。

鐘崎 かまぼこの館 笹かま館

その鐘崎の笹かまぼこを存分に知ることができる、楽しめるのがここ「鐘崎 かまぼこの館 笹かま館」です!

笹かまミニ工場

1 笹かまミニ工場
楽しく、おいしく笹かまぼこができるまでを見学できる人気の施設。入場無料で大人も楽しめます!
2 ベルトコンベアを流れる笹かまぼこ
3 きちじ君が笹かまをパクッ!
4 焼きたてを試食♡

特集

SPECIAL CONTENTS