飾らなくていい。「#地味飯」をおしゃれに撮るコツ5選

2018年、インスタグラムに「#地味飯」ブーム到来!茶色を基調とした、食欲をそそる日常的なお料理がトレンドとなっているようですよ♪今回は"地味だけど単なる地味じゃない"、すてきな写真の数々を、上手に撮影するコツと一緒にご紹介します。

インスタで空前の「#地味飯」ブーム!

いまや、トレンドの発信地といっても過言ではないインスタグラム。2017年は数々の"インスタ映えグルメ"が話題となりましたが、いま真逆ともいえる「#地味飯」がブームとなっているのはご存知ですか?

「地味飯」とは

その名の通り、茶色を基調とした"地味なお料理"のこと。カラフルだったり華やかさはありませんが、日常的で飾らない感じが「ホッとする」と評判なんですよ♪

地味飯を上手に撮るコツは?

しかし、いわゆる"インスタ映え"するお料理とはちがい、単調な写真になってしまうのが「地味飯」の難点。人気インスタグラマーさん達の写真を参考に、「地味飯」を美しく撮るコツをチェックしていきましょう!

1. お盆にのせる

美しい地味飯を撮るために大切なのは、まずお料理の配置。お盆にのせて上からシャッターを切ると、まとまりのある写真に仕上がります。お盆を使うことできちんと感もでるのがうれしいですね。

2. 器にこだわる

食器をたくさん持っている場合は、器にこだわるのもいい手段です。冷製料理ならガラス、おかゆなら土鍋など、温度が伝わるものをチョイスすると臨場感のある写真になりますよ。

3. シズル感を演出する

食器やお盆があまりない場合は、お料理のシズル感を意識してみましょう。シズル感とは、食欲を刺激するお料理の瑞々しさのことです。

洋食ならソースや煮物なら煮汁など、カメラを向ける前にたっぷりかけておくとツヤがでておいしそうに撮れますよ。

4. 写真に動きを出す

普通に撮ることに慣れてきたら、今度は食べている様子を写真に収めてみてはいかがでしょうか?お箸や茶碗を手に取るだけで、躍動感のある写真になりますよ。動きがあると、食べている情景が想像しやすくなりおいしそうに見えます。

5. 盛り付けを工夫する

盛り付けを工夫するのも地味飯を美しく撮るポイントです。少ない品数でも、とっておきのプレートに少しずつ盛り付ければ上品ですてきなひと皿になりますよ。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS