テーマは香り!専門店「マジドゥショコラ」に大人向けチョコ登場♪

まもなくやってくるバレンタインに向けて、チョコレート専門店「マジドゥショコラ」の新作を要チェック!2018年最初の新作、テーマは「香り」。プレミアムなチョコレートは自分へのご褒美やギフトにもピッタリ。2018年1月5日(金)から新登場です。

2018年1月9日 更新

自由が丘のチョコレート専門店『マジドゥショコラ』

自由が丘駅から徒歩5分程の場所にある、「マジドゥショコラ」は、
オープン当初から一貫して「Bean to Bar(ビーントゥバー)」製法にこだわっているチョコレート専門店です。

カカオ豆の個性を活かすために、栽培農家さんごとの特徴を理解した上で商品を作り上げるというシェフ。
食べる人すべてに新しい発見を体験してもらいたいという想いが込められているんです。

新作のテーマは「香り」

2018年1月5日(金)に新発売になったのは、「香り」をテーマにしたチョコレートの数々。

カカオ豆をより記憶に残る商品として広めたいという想いで、「素材×香り×魔法」がテーマです。今までに見たことも食べたこともないような、"香り"で作りだされたカカオの世界観を存分に味わっちゃいましょう!

気になる新商品は、さまざまな素材とのマリアージュを楽しむ、新しいビーントゥバー『フレーバーチョコ』や正統派スパークリングワイン「シャンドン」の香味豊かな『極上生チョコ』など。さっそくご紹介します!

進化系ビーントゥバー『フレーバーチョコ』

新作『フレーバーチョコ』は、「燻」「柚子」「キャラメル」「和三盆」「花火」「ダークミルク」の6種のラインナップ。

独自製法でカカオ豆と素材を融合させた、香りを楽しむ進化系ビーントゥバーです。素材が持つ繊細で奥深い香りを引き立たせるため、カカオ豆と合わせるタイミングや方法を素材に合わせて調整しているというこだわりよう。

フレーバーチョコ『燻』1,852円(税抜)

燻製したカカオ豆を使用したビーントゥバー。ロースト時間を秒単位で調整したカカオ豆を、桜や林檎など産地によって適した燻煙材で温燻(おんくん)。燻香豊かなチョコはお酒との相性も抜群です。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ハツ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう