【基本レシピ】イカの塩辛の作り方!アレンジレシピもチェック◎

「イカの塩辛」は日本酒にあうおつまみの代表選手ですね!今回はそのイカの塩辛の作り方と、アレンジレシピをチェックしましょう。実はこの塩辛、さまざまな料理に応用が利く万能食材でもあるのです。いろいろな組み合わせを楽しんでくださいね。

2018年10月17日 更新

イカの塩辛の基本レシピ

イカの塩辛の写真

Photo by tumu

こちらではイカの塩辛の基本的な作り方をご紹介。イカをさばくところからチェックしていきましょう。イカをさばく際に気をつけたいのが、やはり寄生虫。光にすかしてよく注意して見れば、寄生虫がいた場合影になって見えますので、見つけることができます。

イカをさばくのはそんなに難しくないので、楽な気分で取り組んでみましょう!

材料(2人分)

いかの写真

Photo by tumu

・生イカ……2杯
・塩……適量

イカの下処理方法

イカの胴体を切り離す写真

Photo by tumu

1. イカの目の上と胴体の隙間に親指を入れ、くっついている部分を剥がします。
イカの胴体を引き抜く写真

Photo by tumu

2. エンペラと足をそれぞれ手で持ち、ゆっくりと引き抜きます。
イカの軟骨を取り除く写真

Photo by tumu

3. 胴体についている軟骨を引き抜きます。胴体のなかに残った内臓は、水で洗って取り除きましょう。
イカの皮を取り除く写真

Photo by tumu

4. 次に胴体のエンペラと皮を処理します。エンベラを手でしっかりと持ち、胴体へ向けて引っ張りましょう。すると皮も同時に引っ張られていきます。
残った皮を取り除く写真

Photo by tumu

5. 残った皮はキッチンペーパーやさらしなどを手に持って、取り除きましょう。反対側の皮も同様にむきます。
イカを切る写真

Photo by tumu

5. 軟骨があった側に包丁を入れ、開きます。内側の汚れは、包丁でしごいたり、キッチンペーパーで拭くなどして、きれいにしましょう。
わたとゲソをとりのぞく写真

Photo by tumu

6. 黒い筋を上にして、ワタとゲソをきり分けます。
ワタの筋をとりのぞく写真

Photo by tumu

7. ワタは黒い筋をゆっくりと手で取り除きます。
クチバシをとりのぞく写真

Photo by tumu

8. ゲソの根元のほうに、クチバシと呼ばれる固い部分があるので、これを取り除きます。ゲソの根元の部分をぐっと押してクチバシを出し、取り除きましょう。
ゲソに塩を振る写真

Photo by tumu

9. ゲソにスプーン1杯分ほどの塩を振り、一本ずつしごいて小さな吸盤を取り除きます。

塩辛の作り方

胴体の縁を取り除いた写真

Photo by tumu

1. 胴体の縁の部分は食感が悪いので包丁で取り除きます。
ザルにおいたイカ

Photo by tumu

2. イカの身の両面に薄めに塩を振り、ザルなどに置いてラップをせずに冷蔵庫で半日~1日ほど寝かせます。
イカのワタに塩を振る写真

Photo by tumu

3. ワタは両面強めに塩を振ります(表面がうっすらと白くなるくらい)。ザルにあげ、こちらはラップをして冷蔵庫で半日~1日ほど寝かせましょう。
いかの身をカットする写真

Photo by tumu

4. 寝かせたイカの身を取り出し、お好みの大きさにカットします。今回は、縦三等分に切ってから横に置き、5mmほどに細くカット。身を切る際は、切っ先をすうっと引いて切るといいですよ。
イカのわたを取る写真

Photo by tumu

5. ワタは水でサッと洗い塩を落としたあと、半分に切ります。あとは器の上でスプーンやしゃもじでワタをこそぎ落としましょう。
イカの身とワタを混ぜる写真

Photo by tumu

6. イカの身とワタを合わせてよく混ぜたら完成です。混ぜるときはワタを潰しながら混ぜるとGood!
イカの塩辛の写真

Photo by tumu

7.清潔な容器に移して保存しましょう。食べるときは、食べる分だけお皿にとりわけ、直箸はしないようにしてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう