白身の量で決まる!? 卵ひとつの重さをグラム単位でご紹介♪

わたしたちの食卓になくてはならない卵ですが、みなさん卵の重さってご存知ですか?卵にはまだまだ知らないことがたくさんあるのですよ。ここでは、卵の重さについて迫ってみましょう。おいしい卵料理レシピもご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね。

2018年10月10日 更新

卵はひとつは何グラム?

卵に大小のサイズがあることは、スーパーなどでサイズ別に売られているので多くの方がご存知のことでしょう。MサイズとLサイズの大きさにはずいぶん差がありますよね。

実際重さにはどれくらいの差があるのでしょうか。それぞれの重さについて詳しく見ていきましょう。

Mサイズの卵

卵のサイズは、農林水産省で定めた鶏卵規格取引要綱というものによってきちんと定められています。

Mサイズの卵は、殻つきでは58グラム以上64グラム未満です。殻なしでは約50グラムほど。

Lサイズの卵

一方、Lサイズの卵は殻付きで64グラム以上70グラム未満と定められています。殻なしではおよそ60グラムほどになります。

Mサイズの最小とLサイズの最大を比較すると、12グラムもの差があります。同じ個数を使っても、MサイズとLサイズの卵では料理の仕上がりに違いが出てきそうですね。

白身と黄身の重さは?

それぞれのサイズについて、黄身と白身の重さを比較してみました。

【Mサイズ】
黄身 約20グラム
白身 約30グラム

【Lサイズ】
黄身 約20グラム
白身 約40グラム

このようにしてみると、重さの違いは白身の量の違いと言えるでしょう。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう