連載

〆はパスタがおすすめ♪『金目鯛のブイヤベース風鍋』で華やかにおもてなし

大勢でつつける鍋料理は、冬のおもてなしにぴったり。和風の鍋もいいですが、たまには欧風仕立ての鍋はいかが?魚介の旨味が広がるブイヤベースを真似て、シャンパンやワインと合わせてもおいしい鍋にしました。

2017年12月29日 更新

「金目鯛のブイヤベース風」で手早く豪華な鍋を!

「金目鯛のブイヤベース風」で手早く豪華な鍋を!

Photo by 前田未希

大掃除に忘年会、帰省やおもてなしの準備など、年末年始は忙しさのピーク。やることがたくさんあるなかで、時間的な余裕がないとお困りな方もいるのでは。そこでおすすめしたいのが鍋料理です。

寒い季節に喜ばれる上、人数が予定より多くなっても問題なし。ただ、おもてなしや一年の労いを兼ねた場で、いつもと同じ鍋というのも締りが悪いですよね。そこでご紹介するのが、「金目鯛のブイヤベース風鍋」。金目鯛が入ることで、たちまち豪華に!トマトベースの味付けで欧風に仕上げることで、お酒との相性もよくなりますよ。

『ブイヤベース風・金目鯛の欧風鍋』の作り方

分量(2〜3人分)

金目鯛 2匹(小ぶりの場合は人数分)
あさり 300g
海老(有頭のもの) 6匹
ジャガイモ 2個
玉ねぎ 1/2玉
ニンニク 1〜2片
酒 50cc
A 水 400cc
A コンソメ 小さじ1
A ローリエ 1枚
B トマト缶 1/2缶(200g)
B バジル 少々
B パセリ 少々

作り方

①あさりは砂抜き・塩抜きを済ませておく。
作り方

Photo by 前田未希

②金目鯛と海老は、両面まんべんなく塩(分量外)をふる。
作り方

Photo by 前田未希

③グリルで強火で5〜10分焼き、表面に焼き目をつける。
作り方

Photo by 前田未希

鍋に入れる前に表面を焼くことで、臭みがなく香ばしい仕上がりになります。鍋で煮込むので、中まで火が通ってなくても問題ありません。中の水分が飛ばないよう、強火で短時間、表面にだけ焼き色をつけましょう。
④フライパンにあさりと酒を入れ、蓋をして口が開くまで中火で蒸し焼きにする。
作り方

Photo by 前田未希

⑤ジャガイモ、玉ねぎ、ニンニクはみじん切りにする。
作り方

Photo by 前田未希

⑥みじん切りにしたニンニクをオリーブオイルと共にフライパンで熱し、香りを出す。
作り方

Photo by 前田未希

⑦玉ねぎを加え、しんなりするまで中火で炒める。
作り方

Photo by 前田未希

⑧玉ねぎがしんなりしたら、ジャガイモを加えて炒める。
作り方

Photo by 前田未希

じゃがいもは煮込むうちに火が通るので、全体に油を行き渡らせる程度で問題ありません。あらかじめ炒めることで、煮崩れしづらくなります。今回は大勢で食べる時にも取りやすいようみじん切りにしましたが、お好みでまるごと入れたり、ひと口大にしてもOK。
⑨鍋にAと焼いた金目鯛、海老を加え蓋をし、弱火〜中火で5分煮込む。
作り方

Photo by 前田未希

アクが出たら、火を弱めてから取りましょう。
⑩Bとあさりの蒸し汁を加えて蓋をし、弱火で5分煮込む。
作り方

Photo by 前田未希

トマト缶を入れるとアクを取りづらくなるので分けて煮ます。また、パセリやバジルは長く煮込むと香りが飛んでしまうので、トマト缶と同じく後のタイミングで入れましょう。

あさりを加えて温めたら、できあがり!

あさりを加えて温めたら、できあがり!

Photo by 前田未希

あさりは火にかけすぎると硬くなるので、最後に加えて温め直すようにしましょう。金目鯛はふっくら柔らかいので、食べるときは切り分けたり、さい箸でほぐしてシェアしてくださいね。できあがったらそのまま食卓に出したり、弱火で温めた状態で出したりして召し上がれ。

見た目も味も欧風な鍋なので、〆はパスタがおすすめ。マカロニやリボンパスタなど、ショートパスタにするとシェアしやすいですよ。お好みで粉チーズを振ってどうぞ!

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう