懐かしい甘さ♪ 「くるみ餅」の手作りレシピ&おすすめ商品

もちもちの求肥に香ばしいくるみを混ぜ込んだ「くるみ餅」。岩手発祥で東北地方ではよく食べられています。お店で売られているものもおいしいですが、実は電子レンジを使って簡単に手作りできるんですよ。この記事ではくるみ餅のレシピと、おすすめのお取り寄せ商品をご紹介します。

2019年12月25日 更新

素朴なお茶菓子、くるみ餅を作ってみよう

くるみ餅の写真

Photo by migicco

もちもちのぎゅうひに歯ごたえのよいくるみ、2つの食感が楽しめる「くるみ餅」は、きな粉の風味が香ばしい和菓子です。お茶によく合い、素朴な甘さが子どもからお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられています。

くるみ餅って?

くるみ餅は、ぎゅうひでくるみを包んだ餅菓子です。江戸時代のころに、入手が簡単で貴重なタンパク源だったくるみを使ったお菓子が広まったといわれています。発祥は岩手であるというのが有力で、そのあと東北地方に伝わったとされています。

くるみ餅の基本レシピ

くるみ餅の写真

Photo by migicco

ここからは、基本的なくるみ餅の作り方をご紹介します。餅の生地を電子レンジで加熱するので、蒸し器は不要。短時間でさっと作れます。

自分で作ればきな粉の分量やくるみの割合は自由自在に調整可能。くるみをたっぷりにするもよし、くるみをひかえめにして餅の食感を楽しむもよしです。

材料(2〜3人分) 1058kcal(※1.2)

それぞれの器にいれら入れられたくるみ餅の材料

Photo by migicco

・白玉粉……100g
・きび砂糖……100g
・水……180cc
・くるみ……30〜40g
・きな粉……適量

白玉粉と砂糖は同量です。きび砂糖で作ると素朴な甘みが楽しめますが、ほかの種類の砂糖でも作れますよ。調理に電子レンジを使いますので、レンジOKの耐熱ボウルをご用意ください。

作り方

くるみを炒る写真

Photo by migicco

1. くるみをフライパンで炒ります。うっすら焼き色がつき、香ばしい香りがしたら皿にうつして冷ましましょう。
保存袋に入れたくるみ

Photo by migicco

2. 炒ったくるみを保存袋に入れ、手のひらで押して粗く砕きます。ざるにあげてふるい、はがれた薄皮などを取り除いておきましょう。
粉類と水を混ぜ合わせる写真

Photo by migicco

3. 耐熱ボウルに水、白玉粉を入れてよく混ぜ、砂糖を加えてさらに混ぜます。
4. ボウルにふんわりとラップをかけ、600Wの電子レンジで3分加熱します。一度ゴムベラで混ぜ合わせ、生地全体が半透明になるまで様子をみながら10秒ずつ追加で加熱しましょう。全体にゴムのような弾力が出ていれば加熱完了です。
完成した求肥

Photo by migicco

5. 砕いたくるみを加え、生地によく混ぜ込みます。ぐるぐるかき混ぜるのではなく、生地を何度も折りたたむようにすると、中までくるみが入り込みやすくなります。
求肥に砕いたくるみを混ぜるところ

Photo by migicco

6. バットにきな粉をまぶし、くるみ餅をのせます。ふんわりラップをして粗熱をとりましょう。
バットにくるみ餅をいれる写真

Photo by migicco

盛り付け

くるみ餅を切り分ける写真

Photo by migicco

餅の上にもきな粉をまぶし、カードや包丁で四角く切りわけましょう。皿に並べたら、仕上げにもう一度きな粉をかけて完成です。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう