ご飯が止まらない!「山椒香る大人の鶏そぼろ」カレーマンの簡単レシピ

みんな元気かい!カレーマンだよ!今回は夏バテで食欲があまり湧いてこないなって人に「山椒」を使ったおすすめの簡単料理だよ!スパイスがお腹を刺激して何杯もおかわりしたくなる味!焦るくらいに簡単だから見逃さないでね!

みんなカレーマンだよ!
夏に最高な食べものと言えば、もちろんカレー!
スパイスの歴史は古代インダス文明にまでさかのぼり、大航海時代を経てイギリスの東インド会社によって……
いう話はさておき。

食欲の出ない暑苦しい日でも、スパイスのおかげで食欲が出てくるって話!
そして、日本にも誇るべき夏のスパイスがあるよ!

それは…山椒!
実山椒が熟すのは5〜7月頃。

それを佃煮にしたり、乾燥させて粉にしたり。
てことで今日はそんな山椒を使った、ごはんが進みまくる作りおきレシピを紹介するよ!
山椒香る大人の鶏そぼろ
【材料】
鶏ひき肉(もも肉) 200g
醤油 大さじ2
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1
生姜 チューブで6〜8cm分くらい
実山椒(佃煮) 大さじ2〜3
※粉山椒なら、味を見ながらすきなだけ!

【つくりかた】
1.実山椒以外の材料をぜんぶボウルに入れちゃって!
ずごーーーん!
2.ズゴンと入れたら、大至急混ぜーーーる!
こんな感じに。

3.それをフライパンにぶちこーーむ!
とりゃーーーー!!
油は、いらないよ!

4.点火!中火くらい!
焦がさないように、ぐるぐる混ぜーーる!
菜箸4刀流くらいで混ぜまくーーる!!
焦がしちゃだめよ!
太刀捌きが速すぎて、4刀流が見えない!!
と、お遊びはさておき…
こういう感じの水分が全部なくなるまで炒め続けるよ!
5.水分が飛んだら、火を止めて実山椒を投入!
で、粗熱取っておしまい!!
かんたんすぎーーーーる!!!
粉山椒でも全然オッケーだけど、つぶつぶプチプチ食感と弾ける香りが楽しめるので、実を入手して試してみて!

京都では、こんな感じで売ってたよ!
甘く煮た佃煮じゃなくて、このくらいの青いやつでよろしく!

子どもも大好きな甘辛いそぼろが、ピリリとオトナな風味に早変わり!
ごはんにとっても合いまくるよ!!

これで夏のスタミナ補給も、バッチリだね!
山椒は味覚を鋭くさせるみたいだから、お好みで醤油の量は調節してみて!
ちなみに、山椒を抜いて生姜少なめでつくれば、小さな子供に大人気の甘辛そぼろに早変わりするよ!

特集

SPECIAL CONTENTS