5. 見た目が華やか。柿とほうれん草の白和え

こちらは柿を使う白和えのレシピです。こんな風に食べてみるのはいかがでしょうか?実をくり抜いて皮を器に使うなんてなんともおしゃれですね。味噌、しょうゆ、砂糖、みりんの味付けで、素材の味を楽しんでみてください。

ほうれん草以外も!野菜の白和え人気レシピ5選

6. ほろ苦さがクセになる。春菊の白和え

春菊のほろ苦さがアクセントとなるレシピです。ほうれん草よりも大人の味わいが楽しめますよ。春菊はさっとゆでて水気を切っておきましょう。春菊を白和えで普段の食事にプラスしてみましょう。

7. おもてなしにも。生ハムと枝豆の白和え

生ハムと枝豆を白和えにすると、一気に華やかさがプラスされますよ。生ハムの旨味とほどよい塩気で白和えが洋風に変身しますよ。バゲットを添えてディップにするのもいいですね。ほかにも水菜を加えてシャキシャキ感をプラスするのもおすすめ。

8. 彩り豊か。小松菜とにんじんの白和え

ほうれん草だけではなく、小松菜も白和えにぴったりです。にんじんを加えると、彩りがアップします。野菜は、少しやわらかめにゆでるのがポイント。ほうれん草が手に入らないときは、小松菜の白和えを作ってみてくださいね。

9. 濃厚な仕上がり。アボカドの白和え

アボカドは、白和えとの相性が抜群。食感を楽しむために、糸こんにゃくをプラスするのもおすすめ。糸こんにゃくは下ゆでをし、ひと口大にカットしたアボカドと共に薄口しょうゆをまぶしておくとおいしくいただけますよ。

10. ほろ苦さがくせになる。菜の花の白和え

おひたしにして食べることが多い菜の花は、白和えにしてもおいしいですよ。菜の花のほろ苦さがアクセントとなり、おしゃれなひと品に。菜の花は茎の部分と葉の部分を切り分けて塩ゆですると、硬さが一定になりますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ