5. プレゼントに最適!メッセージアイシングクッキー

プレゼントのメッセージをアイシングで書いてみてはいかがですか?立体的なアイシングに仕上げたいときは、土台が乾燥してから描くのがポイント。好みの濃さになるよう、食紅を少量ずつ入れて調整してくださいね。

6. 繊細で上品。レースアイシング

白一色でも手の込んだデコレーションに見えるのが、レースのアイシングです。直線と曲線をうまく使いながら描くレースは、初心者にぴったり。白いレースは色の濃いベースによく映えるので、チョコクッキーやチョコマカロンの上に描くのがおすすめです♪

7. ふっくら♪ キルティングアイシング

キルティング柄のアイシングは、クッキーをマス目に区切り、ひとつおきに塗りつぶすのがポイント。少し手間がかかりますが、キルティング独特のぷっくり感をうまく表現できますよ。花のモチーフは、アイシングペーストを型抜きしてのせてくださいね。

8. 食べるのがもったいない!羊のアイシングカップケーキ

カップケーキに硬めのアイシングをのせ、羊をデコレーションします。土台のアイシングはゆるめに、絞り出す分を硬めにするときれいに仕上がりますよ。眠っている顔がかわいらしくて、食べるのがもったいなくなってしまいそう♪

9. ワンランクアップ。パウンドケーキのアイシングがけ

パウンドケーキにアイシングをかけるときは、ゆるめにするとよいですよ。とろりと流れるぐらいのアイシングを、パウンドケーキにそっとかけましょう。シンプルなパウンドケーキがワンランクアップ。ギフトやおもてなしにもうってつけです。

10. 好みのデザインで♪ アイシングガトーショコラ

レースやハートなどのアイシングを描いたガトーショコラは、一気に華やかさが増しますね。白一色で大人っぽく、ピンクや黄色を加えてキュートにとアレンジしやすいのも魅力です。贈る方にあわせてデザインや色を変えるのも楽しいですよ。

編集部のおすすめ