店舗詳細

■店舗名:ピエールマルコリーニ・銀座本店 ■最寄駅:銀座駅 ■住所:東京都中央区銀座5-5-8 2F・3F ■電話番号:03-5537-0015 ■営業時間:11:00~19:30、日祝11:00~18:30 ■定休日:年末年始 ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13127566/ ■公式HP:http://www.pierremarcolini.jp/shop/ginza.html

3. 神保町「カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎」

カレーの聖地に彗星のごとく登場したのが「カリー&ワヰン ビストロべっぴん舎」。神保町駅から徒歩3分、靖国通りを小川町方面に歩いたところにあり、ビルの2階で営業しています。 店主が板橋でワインバルを営みランチにカレーを出していましたが、カレーとワインのお店として神保町の地に2016年8月にオープンしたのです。店内はこぢんまりとしていて、4人ほどかけられるオープンキッチンのカウンターと、テーブル席が3つ。 ジャズミュージックがかかる店内は、デートにもピッタリなおしゃれな雰囲気です。

赤のべっぴん薬膳カリー

880円(税込)
20種類以上ものスパイスを使用した赤のべっぴん薬膳カリーは、“食べて健康になる”カレーとも言われるんだとか!スパイスは粗めに挽かれていて、小さな具材として楽しめます。辛さは6段階から選べて、頼めば6以上の辛さで注文も可能です。具材は大きめのチキンに、季節ごとに旬の野菜がごろっと入っています。 赤のべっぴん薬膳カリーと同じぐらい人気なのが、黒のべっぴんカシミールカリー。店主が上野のカシミールカレーの名店「デリー」系の店舗で働いていたこもあり、名店の味を神保町で食べられます。 食後にはすっきりとした苦味が特徴的なデミタスコーヒーでお口直し。カレーもいいですが、ワインの種類も豊富なので2軒目、3軒目としても使えますね!

店舗詳細

■店舗名:カレー&ワヰン ビストロべっぴん舎 ■最寄駅:神保町 ■住所:東京都神田小川町3101駿台ビル2階 ■電話番号:080-7896-5596 ■営業時間: ランチ 11:00〜15:00 ディナー 18:00〜20:00 L.O ■定休日:日曜日・祝日/第1・第3月曜日 ■禁煙・喫煙:分煙 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13198751/ ■公式HP:https://twitter.com/@beppinsya

4. 銀座「タマリンド」

2017年4月に開業した新商業施設「GINZA SIX」の中にあるインドカレーのお店「タマリンド」。神保町に店舗を構えるマンダラの姉妹店でもあり、注目を集めています。 北インドと南インド、それぞれの出身シェフが作るインド料理はどれも本格的。新しく出来たばかりのお店なので店内も清潔で、銀座という立地状高級感すら感じられます。休日は通し営業で、営業時間が長めなのも嬉しいポイントですね!

ミールスランチ

1,458円(税込)
ランチで一番人気なのが「ミールスランチ」。カレー3種類とスープ2種類、パスマティライス、パパド、プーリーといった豪勢なラインナップ! カレーとスープは日替わりで提供され、通えばインドカレーを制覇できるかも!? 北インドのカレーはパンにつけて食べ、南インドのカレーはお米との相性がいいんだそう。ランチタイムにはタンドリーチキンを食べられるAランチ、カレー3種を選べるBランチ、カレー1種のCランチの3種類のメニューがあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS