失敗しない「里芋の煮っころがし」のレシピ。簡単な作り方も必見!

この記事では、初心者でも作りやすい「里芋の煮っころがし」のレシピをmacaroni動画でご紹介します。詳しく説明しているので、初めて作る方も安心してくださいね。里芋の下ごしらえさえできれば、あとは簡単なんですよ。

2019年9月18日 更新

圧力鍋で作る里芋の煮っころがし

圧力鍋を持っているなら、そちらで作るのがおすすめです。とくに料理初心者の方など里芋の中まできちんと火が通るか不安な方は、圧力鍋を使えば間違いありません。ごろごろホクホクとした里芋の煮っころがし、いかがですか?

アイデアいろいろ♪ 里芋で作る煮物レシピ3選

1. ねっとりホクホク里芋の肉じゃが

Photo by macaroni

肉じゃがといえば、名前の通りじゃがいもで作る煮物料理ですが、こちらでは里芋を使うレシピです。じゃがいもとは違うねっとりとした舌触りや歯ごたえで、「むしろこちらのほうが好き!」とクセになるかもしれませんね。

2. 里芋とうずら卵のピリ辛煮

Photo by macaroni

里芋とうずらの卵を合わせたひと品です。味付けはシンプルですが、赤唐辛子の輪切りを少しだけ加えることで、舌先にほどよくピリッとした刺激を感じられます。覚えておけば副菜として活躍してくれるはずですよ。

3. 里芋と玉ねぎのそぼろ煮

Photo by macaroni

煮汁に水溶き片栗粉でとろみをつけた、そぼろ煮のレシピです。里芋のねっとり感と玉ねぎの甘さがやさしいひと品は、スプーンですくってご飯にかけて食べてもいいですね。ほんのり香る生姜が、全体を引き締めています。

里芋の煮っころがしでほっこり

Photo by macaroni

里芋の煮っころがしはホクホクとおいしく、どこかほっとする味わい。でも慣れていないと皮をむくのが面倒だったり、煮崩れが怖くてなかなかトライできなかったりしますよね。 この記事でご紹介したレシピを参考にして、気軽にチャレンジしてみてください。簡単な方法から試していけば、里芋を扱うことにも慣れていけるはず。そしていつか「我が家の味」を作れるようになりましょう!
▼こちらの里芋レシピも人気♪

特集

FEATURE CONTENTS