3ヶ月でシェフが変わる!?「DEAN&DELUCA」初のレストランが気になる♪

赤坂に新たにできたオフィスビル「赤坂インターシティAIR」。こちらの建物には、話題のレストランが入っていますが、最も気になるのが「アーティザン・テーブル ディーン&デルーカ」。そう、あの「ディーン&デルーカ」のレストランなんです。

スタイリッシュだが無機質ではない、開放的なインテリア

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
2017年9月29日、赤坂の溜池交差点にひと際目立つオフィスビル「赤坂インターシティAIR」がオープンした。

この低層階には話題のレストランが入っているが、その中でも最も気になる存在が、『THE ARTISAN TABLE ・ DEAN & DELUCA(アーティザン・テーブル ディーン&デルーカ)』だ。店名からも分かる通り、日本に上陸して15周年を目前に控えた、あの『ディーン&デルーカ』のレストランである。
年々急成長を遂げ、今では日本に31店舗もある『ディーン&デルーカ』だが、あえてなぜ今、レストランを出すのか? そのコンセプトと強みについて、お話を伺った。
同店はビル自体の正面エントランスからほぼ真裏に位置する。交通量の多い溜池側の喧騒から逃れ、落ち着いた佇まい。
“ガラスの箱”をモチーフに、「透明」「光」「石」「木」「火」「植物」「香り」「咲く」「体験」「エネルギー」という10のキーワードを用いてデザインされた店内。クリーンだが温かみがあり、気持ちの良い風の流れる空間だ。

『ディーン&デルーカ』が掲げる「食べることとは、人生を味わうこと」といったテーマを、よく表しているように感じられる。

作り手の想いを大切にする『ディーン&デルーカ』の精神がレストランにも

そもそも『ディーン&デルーカ』の成り立ちは、イタリア系のジョルジオ・デルーカ氏がニューヨーク・ソーホーに開いたチーズ店から始まる。その後、バルサミコ酢やオリーブオイルなどを扱い始め、冷凍食品や出来合いのインスタント食品が中心であったニューヨークの食文化に、変革をもたらしはじめた。
そこには「職人的作り手=アーティザン」の想いを大切にするという『ディーン&デルーカ』の哲学がある。

そんな想いを、日本で日本流に伝えてきた『ディーン&デルーカ』が、さらなる「ひろがり」と「つながり」をイメージして作ったのが、このレストラン。
それゆえ、『アーティザン・テーブル ディーン&デルーカ』では、「色をつけないこと」を一つの基幹としている。「○○料理」という先入観を抜きに、あくまでも『ディーン&デルーカ』という”食のセレクトショップ” が提案する食事を追求しているのだ。

生産者とシェフをつなぎ、食材と食べるひとをつなぐ

『アーティザン・テーブル ディーン&デルーカ』は2フロアで、1階が49席、2階が34席(うち個室8席)という構成になっており、各階層で異なる利用シーンを想定している。
1階は気持ちの良い吹き抜けと、陽の光が降り注ぐ大きなガラス窓が特徴で、ウッディなテーブルで大皿料理をシェアするようなスタイル。

ワインを片手に、シャクータリー(生ハムやリエットなどの肉加工惣菜)や一品料理を楽しむシーンがイメージされている。来年春から始まるランチでは、たっぷりの陽光が差し込むだろう。
一方、2階はシックな黒テーブルに、提供される料理の器もすべて作家物。少し特別なシーンに使える空気感だ。個室も用意されている。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう