グルメ度UP!2017年に日本初上陸した「アメリカンレストラン」総集編♪

今年も気づけば、もう年の瀬に差し迫ろうとしています!そこで今回は、2017年に日本に初上陸を果たした「アメリカンレストラン」を一挙ご紹介します。アメリカ国内で大人気の有名店ばかりなので、この機会にぜひ訪れてみてくださいね。

2017年上半期をおさらい!

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
アメリカのおいしいものたちが、2017年もたくさん日本にやって来た! ブレックファースト、カスタマイズバーガー、本格ドライエイジングビーフステーキにフォトジェニックなデザート…。いずれもアメリカ国内で大人気の有名店ばかり。どれも日本初上陸と話題性も満点だ。知っていると自慢できる、2017年上半期オープンのアメリカングルメをまとめて紹介しよう。

1. 「池袋で朝食を」が合言葉になりそう!? NYで大人気の朝食レストランが日本上陸!

池袋『egg(エッグ)』はブルックリンで大人気の、アメリカ南部発祥のブレックファーストレストラン。
看板料理は卵を自家製のブリオッシュに乗せて、チェダーチーズをかけて焼き上げた「エッグロスコ」(写真上)。とろけるチーズと卵の黄身が、ほのかな甘みのブリオッシュと相性抜群だ。
使用する卵は、ブルックリンの地元農家でとれる卵に近いものをオーナー自らがリサーチし選んだというこだわりよう。「ホワイトチェダーチーズ入りオムレツ グリルトマト」(写真上)はシンプルながら、こだわりの卵を味わえる贅沢な逸品。

2. パティもバンズも、チーズもソースも! 100万通りから作る“マイバーガー”の楽しさ

ロサンゼルス発のカスタムバーガーレストラン『ザ・カウンター』と言えば、“死ぬまでに食べたい20のハンバーガー”として雑誌『GQ』米国版(2005年)にも掲載された人気店。
六本木の日本第1号店では、100万通り以上の自分だけのバーガーを、テーブルでオーダーシートに記入し注文する。

自慢のパティは、ホルモン剤無使用で生育した100%ビーフ。驚きのボリュームはさすがアメリカ!
色々な組み合わせを試して、自分好みのオリジナルバーガーを見つけるのも楽しそう。

3. 味もボリュームも本店そのまま! 口コミで超人気のステーキハウスで、絶品熟成肉を堪能したい!

NYの超有名店『ベンジャミン ステーキハウス』が、初の海外店舗として六本木にオープンした。
メニューの主役、USDAプライムビーフのステーキは空輸後に店内の熟成専用庫で最低28日熟成。900度の高温で一気に焼きうまみを閉じ込め、外はカリっと、中は赤身とは思えないほどやわらかな仕上がり。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_repro

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう