【完全版】お餅の正しい保存方法!カビから守って長くおいしく

お餅を保存しようと冷蔵庫に入れておいたのに、気がついたらカビが生えていてがっかり、という経験はありませんか?お餅はカビやすいため、正しい保存方法を知っておくと便利ですよ。お餅の上手な保存の仕方をご紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

2018年5月10日 更新

冷凍庫で保存

大量のお餅を保存するには、やはり冷凍がおすすめです。切り餅と同じように、空気に触れないようぴったりとラップで覆い、フリーザーバッグに入れましょう。

冷凍しても、お餅は少しずつ劣化していきます。保存期間はおよそ半年ですが、その間にもお餅のおいしさはどんどん損なわれていきます。保存期間内であっても、なるべく早めに食べきるのがおすすめです。

解凍も切り餅と同じ!

冷凍したお餅は、常温で4時間も置けば自然に解凍でき、そのあと焼き餅などにするとおいしくいただけます。また、凍ったままでも調理することが可能です。

凍ったままのお餅は、お雑煮やお汁粉など煮て食べる調理におすすめです。つきたてのお餅そのままのおいしさを楽しんでくださいね。

お餅をいつまでもおいしく保存!

古くからお餅に親しんでいる日本では、さまざまな方法でお餅に生えるカビに対処してきました。冷蔵庫や冷凍庫が普及している現在は、より簡単で、お餅の風味を損なわないまま長期間保存できる方法が生み出されています。

特にお正月には欠かすことのできないお餅。余ったお餅をさらにおいしく食べる方法もたくさん紹介されていますね。せっかくですから、今年の冬はお餅を上手に保存して、いつでもおいしく楽しみましょう。
▼お餅を使ったアレンジレシピはこちら!
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう