【さく&ふわ】「大和芋」のレシピ12選!食感を変えて楽しもう◎

強い粘りと風味が特徴の「大和芋」。レシピによって異なる食感が楽しめるんです。今回は、さくさく感が楽しい焼きを中心にしたレシピと、ふわふわ感が優しいとろろを使ったレシピに分けてご紹介します。お好みに合わせて作ってみてくださいね。

2018年10月16日 更新

12.あんこ入り大和芋団子

なんとデザートだって、大和芋を使って作ることができるんです!すりおろした大和芋と白玉粉を混ぜ、生地を作ります。ぜひ、デザートまで作ってみてはいかがでしょうか?

大和芋の保存方法

大和芋の保存で重要なのは、極力空気に触れないようにすることです。真空パックの状態で購入したのであれば、なるべく使用する直前までそのままの状態にしておくことがおすすめです。

途中まで使った場合は、切り口をラップなどで覆い、フリーザーバッグに入れてなるべく空気を抜いて、冷蔵庫で保存しましょう。

さくさく、ふわふわ!両方の食感を楽しんで♪

大和芋をそのまま焼いて作った料理と、とろろを使った料理では、食感も印象も全く違うことがわかりましたね。どれも簡単でおいしそうなものばかり。せっかくなので、両方楽しんでみるのはいかがですか?

食卓に並んでいても、家族は同じ食材で作った料理だと気付かないかもしれません。アレンジの幅も豊富な大和芋。今晩早速試してみてはいかがでしょう。
▼山芋についてもっと知りたい方はこちらもチェック♪
5 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう