14. やさしいあまさがいい。あんこ入り大和芋団子

クセの少ない大和芋は、デザートだってお手の物。生地はすりおろした大和芋と白玉粉を使って作ります。お餅のようにやわらかいお団子は温かいお茶とよく合いますよ。子どもと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

15. くるくるかわいい。大和芋の海苔巻き

お弁当のおかずに何か変わったものを入れたい。そんなときにおすすめなのがこれ。ふわふわにすりおろした大和芋を、くるくると海苔で巻いたひと品。塩麹を使うので味に深みがでますよ。見た目も味も抜群なので、お弁当のほかに、おもてなし料理としてもウケは良さそうですよね。

16. するっと食べちゃう。なめこの大根と大和芋のすりおろし和え

なめこの上に大根と大和芋をかけたひと品。ふわふわした食感とねばりでどんどんお箸がすすみます。アツアツのご飯の上にかけたら、ボリューム満点の丼に。するする食べられるので、食欲がないときにもぴったりです。なめこを違うきのこに変えてみたり、糸唐辛子を海苔に変えてみたりとアレンジの幅も沢山。

大和芋の保存方法

大和芋を美味しく保存するには、極力空気に触れないようにすることがポイント。真空パックの状態で購入したのであれば、使用する直前までそのままの状態にしておくことをおすすめします。

途中まで使った場合は、切り口をラップなどで覆い、フリーザーバッグに入れ、空気を抜いて冷蔵庫で保存しましょう。

さくさく、ふわふわ!両方の食感を楽しんで♪

大和芋をそのまま焼いて作った料理と、すりおろして作った料理を比べると食感も印象もまったく違います。

生で食べても、焼いて食べてもどんな料理にも合う大和芋。加えて栄養もたっぷりときたら台所におかない訳にはいきませんよね♪今晩さっそく試してみてはいかがでしょうか。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS