コレなら作り過ぎても安心!芋煮のリメイクレシピ3選

11. 牛肉入り芋煮の卵とじ丼

やわらかく煮た白菜に牛肉入り芋煮の残りを加えて卵でとじた丼です。だし醤油で味付けをすると、白いごはんが進むおいしさに。卵のまろやかさで、芋煮とはひと味違う味わいが楽しめますよ。

12. 芋煮風おうどん

今回ご紹介するアレンジレシピの中で、元のかたちを一番とどめているのがコチラの「芋煮うどん」ではないでしょうか。人気カップうどんの東北限定・期間限定商品としても毎年販売されているほどの、スタンダードな食べ方でもあります。おだしにこだわって芋煮とうどんだしを別々で仕立てても良いですし、残った芋煮にうどんを入れて煮込むだけならよりお手軽です。

13. 残った芋煮で芋煮カレー

おそば屋さんで食べるような、おだしのきいた和風カレーにそっくり。里芋・こんにゃく・大豆製品・長ネギなど、いつものカレーには入れないような材料が入っていても、意外とおいしくまとまります。加える水やカレールーの分量は、残っている汁の多さや味の濃さによって変わるので、味をみて調整してくださいね。

みんなでほっこり芋煮を食べよう!

実は秋田県や岩手県の一部でも「芋の子汁」や「鍋っこ」という名前で親しまれている芋煮。秋田県では学校行事として「鍋っこ遠足」をおこなうところもあるほどです。 最近では東北以外でも地方自治体のイベントごととして芋煮会をおこなうところもあるのだとか。自然の中で季節を感じながら食べる芋煮は、きっと格段においしいはずです。ぜひBBQ感覚で気軽に試してみてくださいね♪
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

FEATURE CONTENTS