春の人気食材「若竹煮」の基本レシピ。白だしを使った簡単アレンジも必見!

今回は春を告げる料理のひとつとして人気な「若竹煮」の基本レシピをご紹介。合わせて白だしやめんつゆ、乾燥わかめを使った簡単レシピ、生わかめを使った料亭のような本格派レシピも必見!惣菜のおいしさを引き出した昔ながらの料理をぜひ作ってみましょう!

2019年4月1日 更新

春先の人気メニュー!若竹煮とは?

若竹煮とはわかめとたけのこを煮込んだ、日本古来の家庭料理のひとつです。由来はその名の通り、布(わかめ)との子を使った込み料理の頭文字をとって「若竹煮」というところから。

素材を生かした日本人に馴染み深い味で、料亭や日本料理を提供するお店では春先になれば旬のメニューとして並びます。たけのこのエグ味をわかめが和らげてくれるので食べやすい、伝統的なひと品です。

基礎から丁寧に!若竹煮の基本レシピ

和食器に盛られた若竹煮

Photo by donguri

煮物ってむずかしそう……というイメージを持たれているかもしれませんが、若竹煮の作り方はとっても簡単!だし汁は、昆布とカツオでとったものはもちろん、普段お家で使っているだしパックを使ってもOKです。

今回は乾燥わかめを使用しますが、生わかめや刺身用わかめを使うと歯ごたえがアップ♪ 旨みも歯ごたえもよくおすすめですよ。

材料(2人分)137kcal/1人分(※)

木の机に並べられた若竹煮の材料

Photo by donguri

・たけのこ(水煮)......1/2個(約200g)
・乾燥わかめ......3g
・だし汁......200cc
・みりん......大さじ2杯
・醤油......大さじ1杯
・塩......少々

作り方

お鍋でたっぷりのお湯でゆでられているたけのこ

Photo by donguri

1. たけのこを大きめのくし切りにし、沸騰したお湯でサッとゆでる。
計量カップに入って戻されたたわかめ

Photo by donguri

2. わかめを水で戻したら、しぼって水気をきる。
お鍋の中で調味料とだしが混ぜられている

Photo by donguri

3. 鍋にだし汁と調味料を入れ、中火にかける。
お鍋の中で煮込まれているたけのこ

Photo by donguri

4. ふつふつと沸いてきたら、たけのこを加えて10分ほど煮込む。
お鍋の中に入っているたけのことわかめ

Photo by donguri

5. わかめを加えてさらに1分ほど加熱したら、火をとめて粗熱が取れるまで放置し、味を馴染ませる。
和食器に盛られた若竹煮

Photo by donguri

6. 器に盛り付ければできあがり!
たけのこが旬の春なら、水煮ではなく、アク抜きした採れたてのもので作ってみてくださいね。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう