かわいさに完敗!話題の「しろたんパン」をおうちで再現してみたら…

かわいすぎる「しろたんパン」がファンの間に旋風を巻き起こしています。ふわふわフォルムがなんとも癒し系ですよね。なんとおうちで作れちゃうそうですが、果たして上手にできるでしょうか……?実際に作ってみたので詳しくご紹介します!

2020年1月16日 更新

「しろたんパン」がかわいすぎる!

「しろたん」ってご存知ですか?真っ白でふわふわな、タテゴトアザラシのキャラクターです。ふっくらしたフォルムがとってもおいしそ……ゲフンゲフン、かわいいですよね。

普段は抱き枕やぬいぐるみになって癒してくれていますが、なんと最近では、しろたんをイメージしたパンがインスタで話題になっているようですよ♩実際に作ってみたので、詳しい作り方や魅力をご紹介します。

真似して作る人も続出中♩

発案者は、クッキングラマーであるさとみさん(@satomi_0819)。今までも数々のキャラものグルメを生み出してきた方とあって、しろたんパンもさすがのクオリティ……!ほにゃんとした表情がなんとも癒し系ですよね。
インスタでは「かわいすぎる~~」「売ってたら絶対買う!」「まさに食べちゃいたいかわいさ!」と、しろたんファンは揃って悶絶。成形の過程もアップされていたので、真似して作ってみる人が続出中なんです♩
たしかにこのかわいさは、ファンなら真似せずにはいられない!さとみさんの画像を参考に、さっそくしろたんパンを作ってみました。

「しろたんパン」作ってみた!

「しろたんパン」作ってみた!

Photo by milkpop

ピンクのほっぺはビーツバウダーだそうですが、手に入らなかったので今回は冷凍ラズベリーの果汁で代用!顔はブラックココアを使用しました。

材料(6~7匹分)

材料(6~7匹分)

Photo by milkpop

・強力粉……250g
・牛乳……190g
・砂糖……大さじ1
・塩……小さじ1
・インスタントドライイースト……小さじ1
・バター……10g

<顔>
・ブラックココア……適量
・冷凍ラズベリー……1個
・ホワイトチョコペン……1本

作り方

作り方

Photo by milkpop

1. 粉のボウルにイースト、砂糖、塩を分けて入れ、上から牛乳を注ぎます。
作り方

Photo by milkpop

2. 手のひらを使って、体重をかけながらしっかりと捏ねましょう。最初は手にくっつきますが、練っているとまとまってきます。
作り方

Photo by milkpop

3. 数分捏ねてまとまってきたら、バターを加えてさらに捏ねましょう。
作り方

Photo by milkpop

4. バターが混ざって手にくっつかなくなってきたら、ひとまとめにしてラップをかけ、2倍の大きさになるまで寝かせます。
作り方

Photo by milkpop

5. 目安はこのくらい!粉をまぶした指で刺しても戻ってこないくらいがベストです。
作り方

Photo by milkpop

6. 手と胴体のパーツに分割します。胴体は60g前後、手は両手で5gくらいに分けました。分割したらラップをふんわりかぶせて10分ほど休ませます。
作り方

Photo by milkpop

7. 成形します。胴体用の生地を潰して空気を抜き、先の細いナマコ型に丸めます。
作り方

Photo by milkpop

8. 手用の生地を半分に分け、丸めて手も作りましょう。
作り方

Photo by milkpop

9. 最後にしっぽの部分をハサミでカットします。
作り方

Photo by milkpop

10. これを6匹分作れば成形は完了!最終発酵するとこれが……、
作り方

Photo by milkpop

11. こんな感じに膨らみます。1.5倍くらいの大きさを目安にしてくださいね。
作り方

Photo by milkpop

12. 分量外の強力粉をふりかけて、170度のオーブンで15分ほど焼きます。
作り方

Photo by milkpop

13. あら熱がとれたらブラックココアと冷凍ラズベリーに水を数滴垂らし、爪楊枝で顔を付けます。最後にホワイトチョコペンで黒目に輝きを入れたら完成です!

かわいすぎて食べるのをためらうレベル

かわいすぎて食べるのをためらうレベル

Photo by milkpop

発酵時間含め作るのに半日かかりましたが、なんとか完成!上目遣いの表情は、まるで「がんばったね」と労ってくれているかのよう……ええ、がんばったぶん感動もひとしおです。
かわいすぎて食べるのをためらうレベル

Photo by milkpop

せっかくなので、いろんな角度からパシャリ。一番むずかしかった部分は、やはり顔付けでしょうか。成形は3パーツだけだったので、それほど難易度は高くないように感じました。
あまった生地でミニしろたんパンも作ってみたので、横にちょこん。ふふふ、並べると親子みたいで和みますね。

しかし、どうしましょう。顔の絵付けに時間がかかったからか愛着がありすぎて……た、食べられない。翌日誰かに食べてもらうことにして、とりあえずソッと袋に詰めました。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう