生活感にサヨナラ♪テープライター「ダイモ」でキッチンのラベル総貼り替え!

レトロなデザインやアナログな造り、味のあるテープの仕上がりで密かに人気を集めているテープライター「ダイモ」をご紹介!キッチンのスパイス容器などのラベルにぴったりなんですよ。ダイモのライバル商品「ペンコ」と合わせて使い心地を試してみました♩

2018年7月3日 更新

雑貨屋さんやネット通販でゲット!

今回ご紹介したダイモはアルファベット大文字と数字が打てるタイプのものでしたが、小文字が打てるもの、ひらがなが打てるもの、ハングルが打てるものなど、さまざまなバリエーションが発売されているんですよ!ぜひ、用途に合わせて選んでみてくださいね。
▼今回ご紹介したダイモの購入はこちらから!

▼ひらがな&カタカナも打てるのはこちら!

▼筆記体も打てる!

初めてのアナログテープライターはどれにする?

ダイモもペンコも、どちらも個性があり、手に入れたらすぐに愛着がわきそう。カチャカチャ文字を打つのが楽しくなって、「次はどこに貼ろうかな〜」とラベリングできるところを探してしまうこと請け合い。キッチンやバスルームなど、家中の整理整頓にダイモやペンコを役立ててくださいね!
▼キッチンDIYはこちらの記事もチェック!
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう