生活感にサヨナラ♪テープライター「ダイモ」でキッチンのラベル総貼り替え!

レトロなデザインやアナログな造り、味のあるテープの仕上がりで密かに人気を集めているテープライター「ダイモ」をご紹介!キッチンのスパイス容器などのラベルにぴったりなんですよ。ダイモのライバル商品「ペンコ」と合わせて使い心地を試してみました♩

2018年7月3日 更新

「ダイモ」でキッチンのラベルを手作り♩

「ダイモ」でキッチンのラベルを手作り♩

Photo by macaroni

手のひらサイズのアナログテープライター「ダイモ」をご紹介します。1957年にカリフォルニアで生まれた、老舗ブランド。デザインや機能を変えながら、長年愛されてきました。レトロなデザインやアナログならではの温かみのあるプリントの質感が、今改めて見直されているんです!スパイスのラベリングなど、キッチンで大活躍。

ダイモのライバルブランド「ペンコ」と使い心地を比べてみました!

カラフルなパッケージ

ダイモ キューティコン 1347円(税込)

Photo by macaroni

ダイモ キューティコン 1347円(税込)

こちらが「ダイモ」!鮮やかなブルーのパッケージに入っています。ダイモ自体も鮮やかなイエローなので、コントラストが美しいですね。「全ての人のためのエンボス加工ラベルメーカー」と英語で書かれています。
定番のイエローのほか、キュートなピンクも発売されているので、ぜひお好みで選んでみてください。

3m分のテープ入りですぐ使える!

3m分のテープ入りですぐ使える!

Photo by macaroni

本体には、ブラックの9mm×3mのテープが1本セットされていました。ダイモ初心者は、まずは本体を買えばOK。

ダイモが気に入って、他のカラーのテープが欲しくなった場合はぜひ追加で注文してみてください。ツヤありのもの、マットな質感のもの、定番のブラック、透明テープ、蛍光カラー、パステルカラーなど、さまざまなメーカーから発売されています。1本300円前後で買えてリーズナブル。
▼購入はこちらから

ダイヤルを回してカチャカチャタイピング!

ダイヤルを回してカチャカチャタイピング!

Photo by macaroni

ブルーの突起部分をつかみ、アルファベットや数字、記号が書かれたダイヤルをカチャカチャ回します。イエローのハンドル部分が選択ボタンも兼ねているので、ひと文字ごとにガチャっとしっかり押し込めば文字が打てます。

ハサミのマークに合わせてしっかり押すと、テープがカットできます。ハサミのマークで軽くカチッと半押しするとテープ送りができるので、ラベルの端や、半角スペースを開けたい時に押しましょう。
慣れるまでは遊び感覚で練習してみましょう!ハンドルを押し込む力加減やテープ送りの仕方など、だんだん慣れてきますよ。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう