ハロウィンの食卓をおしゃれに仕上げる4つのコツ

ハロウィンが近づいてきたことで、パーティーなどを予定している方も多いのでは?そこで今回は、初心者でもできるハロウィンのテーブルコーディネートのアイデアやアレンジについてご紹介します。これからテーブルコーディネートを始めるという方必見です!

ハロウィンはテーブルコーデから!

ハロウィンが近づいてきましたね。ハロウィンには、家族や友人とホームパーティーを楽しむという方も多いのではないでしょうか?ただ、そんなハロウィンのホームパーティーのときに、困ってしまうのがテーブルコーディネートですよね。そこで、テーブルコーディネート初心者の方にもすぐに真似できるような、ハロウィンの雰囲気を簡単に作れるテーブルコーディネートをご紹介します。

上級コーデを叶える4つのポイント

ハロウィンのテーブルコーディネートをイチから楽しむために、必要なアイテムをご紹介します。ハロウィン用品は夏の終わりから売られているため、お店によっては売り切れの場合もあるので、できるだけ早めにお店に行きましょう!

1. 花屋&手芸屋でアイテムゲット!

テーブルの上に置かれたハロウィングッズとテーブルクロス

Photo by 若子みな美

ハロウィンのテーブルコーディネートにマストで用意したいものが、かぼちゃの置き物と、テーブルクロスやテーブルランナーなどです。

かぼちゃの置き物は、花屋さんに行くと200円〜400円くらいで購入できます。とってもリアルに作られているものが多く、形や色も豊富に揃えてありますよ。

テーブルクロスやテーブルランナーは、オレンジ、黒、紫などお好みの色をチョイスしましょう。テーブルクロスとしてできあがっているものではなく、手芸屋さんで売られているものならお安く手に入れられるのでおすすめです!4人がけのテーブルの大きさの布が1,000円ほどで手に入ります。

2. 100均で手に入れたい万能雑貨♩

テーブルの上に置かれたハロウィングッズ

Photo by 若子みな美

100円均一もハロウィングッズがたくさん売られていますよ。そんな100円均一でゲットしたいのは、マスキングテープ、紙ナプキン、蜘蛛の巣マットなど。小さなかぼちゃの置き物なども種類が豊富にあるので、お好みのものを探してみるのも楽しいですね。

蜘蛛の巣マットは、器の下に敷くだけでハロウィン感が一気に増すので、見つけたら即ゲットしたいところです!黒、グレー、紫などシックな色を選ぶと、かわいすぎず大人っぽさを演出できますよ♩

3. マステで爪楊枝や紙コップをリメイク!

カッティングボードにのったピックやマステ

Photo by 若子みな美

100円均一ではハロウィン仕様のマスキングテープやリボンがたくさん売られています。マスキングテープは手帳などに使用するイメージが強いですが、食卓にも活用することができるんです!

写真のように、爪楊枝にマスキングテープを貼り付けるだけで、ハロウィン仕様のピックができあがり。ハロウィンだけでなく、クリスマスやバレンタインなど、その季節に合わせたマスキングテープを使えば、1年中使えるテクニックです。

4. 大きめのプレートで簡単重ね技!

プレートの上にのったカトラリー

Photo by 若子みな美

いつもと違う食卓を演出するために用意したいのが、大きめのプレートやスタイリッシュなカトラリー

大きめのプレートはアンダープレートとして使用しましょう。フレンチレストランなどに行くと、プレートが2枚重ねになっていますよね。大きめのプレートの上に料理用のプレートを2枚に重ねることで、お家でもグッと雰囲気があるテーブルコーディネートができますよ。

カトラリーはスタイリッシュな形のものを用意しましょう。フォーク、スプーン、ナイフは同じブランドや同じデザインで揃えて持っておくといいですよ。もちろん普段使いに使用してもとってもおしゃれです!

実践編!ハロウィンコーデの簡単術

実際にハロウィンのテーブルコーディネートをしてみました!お店で購入したアイテムと、自宅のプレートやカトラリーを組み合わせただけなので、簡単ですよ。

蜘蛛の巣マットを忍ばせて…♩

蜘蛛の巣マットを使用したテーブルコーディネート

Photo by 若子みな美

テーブルにはオレンジのクロス、テーブルランナーは黒をチョイス、その上に造花やかぼちゃの置き物を並べました。テーブルクロスやテーブルランナーを普段は使用していないという方こそ、ホームパーティーのときには取り入れてみてください。これだけでハロウィンの雰囲気がとっても増します!

食器は、リムが付いているプレートをアンダーにして、蜘蛛の巣マット、白い丸プレート、紙ナプキンを置いています。クチポールのカトラリーと、小さめのワイングラスを置けば完成です!

アンダープレートは白とグレーを使用しました。カラーや形が違っても、全体のトーンを合わせることで、コーディネートにまとまりを出せますよ。

アンダープレートで雰囲気チェンジ!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

管理栄養士 若子みな美

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう