簡単パラパラ「鮭チャーハン」のレシピ!鮭フレークでも切り身でも◎

「鮭フレーク」でも「塩鮭」でもOK!「鮭チャーハン」の作り方を、2種類ご紹介します。調理師が教えるパラパラにするコツで、簡単に本格的な味に仕上げましょう。大葉、キャベツ、バター醤油、あんかけなど、アレンジレシピもご紹介しますよ。

旨みたっぷり「鮭チャーハン」を作ろう!

塩鮭とレタスおチャーハン

Photo by kii

スーパーで手軽に購入できる「鮭」。塩焼きや鮭フレークにして、ホカホカごはんと食べれば、ごはんが進む最高のおともです。そのままでもとてもおいしいですが、ひと工夫して「鮭チャーハン」にしませんか?

調理師の筆者が、簡単だけどパラパラ本格「鮭チャーハン」の作り方をご紹介!「鮭フレーク」と「塩鮭」、それぞれのレシピを伝授しますので、お家にあるほうでチャレンジできますよ。鮭の旨味をいかすシンプルな味付けで、鮭の魅力を存分に堪能してくださいね◎

では、まずは「鮭フレーク」を使ったレシピをご紹介します。

パラパラ「鮭フレークチャーハン」の作り方

鮭フレークのチャーハン

Photo by kii

マヨネーズマジックで、本格パラパラチャーハンに仕上げます。炒めることでマヨネーズの味は飛びますので、安心して作ってください。

鮭フレークの味の濃さは、商品によって差があります。ごはん、マヨネーズ、鮭フレークを混ぜ合わせたら、味見をしながらお醤油を加えてください。卵やねぎが入りますので、ちょっと濃いと感じるくらいに調整してみてくださいね。

材料(2人分)

鮭フレークチャーハンの材料

Photo by kii

・ごはん      400g
・鮭フレーク    大さじ5(約55g)
・青ねぎ(小ねぎ) 4本
・卵        2個
・マヨネーズ    大さじ2
・醤油       小さじ1~3(鮭フレークの塩分に合わせて調整します)
・塩こしょう    適量

作り方

1. 下ごしらえをする。
溶き卵と青ネギ

Photo by kii

卵を溶きほぐします。青ねぎは、長さ3mmくらいの小口切りにします。
2. 温かいごはんと具材を混ぜ合わせる。
ボウルに入ったご飯と鮭フレーク

Photo by kii

温かいごはんに、鮭フレーク、醤油、マヨネーズを加えて、全体が均一になるようによく混ぜ合わせます。

※ごはんが冷たい場合は、混ぜ合わせにくいのでレンジで温めましょう。
※レンジでごはんを温める場合は、ラップはしません。水分が飛ぶので、パラパラにしやすくなりますよ。
3. フライパンで炒める。
ご飯を炒めている様子

Photo by kii

冷たいフライパンに油をひかずに、2の混ぜごはんを入れます。お好み焼きを焼くときのように、平らに広げましょう。

広げましたら火をつけます。菜箸を使って混ぜながら、パラパラになるまで炒めましょう。

※焦げやすいフライパンの場合は、サラダ油を適量ひいてくださいね。
※2人分の量で、パラパラになるまで5分くらいが目安です。
4. 青ねぎを混ぜ合わせる。
ご飯にネギを合わせている様子

Photo by kii

パラパラになったら、菜箸から木べらに持ち替えます。青ねぎを加えて、混ぜ合わせます。

※青ねぎは火が通るのが早いので、全体に混ぜ合わせるだけでOK。炒める必要はありません!
5. 卵を炒める。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS