【基本レシピ】鮭チャーハンをフレークor切り身で!レタスアレンジも

「鮭フレーク」でも「塩鮭」でもOK!「鮭チャーハン」の作り方を、2種類ご紹介します。調理師が教えるパラパラにするコツで、簡単に本格的な味に仕上げましょう。他の具材も取り入れた、アレンジレシピもご紹介しますよ。

パラパラ「鮭フレークチャーハン」の作り方

鮭フレークのチャーハン

Photo by kii

マヨネーズマジックで、本格パラパラチャーハンに仕上げます。炒めることでマヨネーズの味は飛びますので、安心して作ってください。

鮭フレークの味の濃さは、商品によって差があります。ごはん、マヨネーズ、鮭フレークを混ぜ合わせたら、味見をしながらお醤油を加えてください。卵やねぎが入りますので、ちょっと濃いと感じるくらいに調整してみてくださいね。

材料(2人分)

鮭フレークチャーハンの材料

Photo by kii

・ごはん      1〜1.5合
・鮭フレーク    大さじ5杯(約55g)
・青ねぎ(小ねぎ) 4本
・卵        2個
・マヨネーズ    大さじ2杯
・醤油       小さじ1~3杯(鮭フレークの塩分に合わせて調整します)
・塩こしょう    適量

作り方

1. 下ごしらえをする。
溶き卵と青ネギ

Photo by kii

卵を溶きほぐします。青ねぎは、長さ3mmくらいの小口切りにします。
2. 温かいごはんと具材を混ぜ合わせる。
ボウルに入ったご飯と鮭フレーク

Photo by kii

温かいごはんに、鮭フレーク、醤油、マヨネーズを加えて、全体が均一になるようによく混ぜ合わせます。

ごはんが冷たい場合は、混ぜ合わせにくいのでレンジで温めましょう。その場合は、ラップはしません。水分が飛ぶので、パラパラにしやすくなりますよ。
3. フライパンで炒める。
ご飯を炒めている様子

Photo by kii

冷たいフライパンに油をひかずに、2の混ぜごはんを入れます。お好み焼きを焼くときのように、平らに広げましょう。

広げましたら火をつけます。菜箸を使って混ぜながら、パラパラになるまで炒めましょう。

焦げやすいフライパンの場合は、サラダ油を適量ひいてくださいね。2人分の量で、パラパラになるまで5分くらいが目安です。
4. 青ねぎを混ぜ合わせる。
ご飯にネギを合わせている様子

Photo by kii

パラパラになったら、菜箸から木べらに持ち替えます。青ねぎを加えて、混ぜ合わせます。

青ねぎは火が通るのが早いので、全体に混ぜ合わせるだけでOK。炒める必要はありません!
5. 卵を炒める。
フライパンに溶き卵を流し入れている様子

Photo by kii

ごはんを寄せて、フライパンにスペースを作ります。溶き卵を流し入れて、木べらで混ぜながら火を通します。よい感じになったら10秒ほど待って、卵をくずして混ぜ合わせます。

10秒待つことで卵の底にしっかりと火が入り、卵がはがれやすくなりますよ。
6. 味を調えて完成!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう