ローディング中

Loading...

コレステロールは、身体にとっては欠かせない脂質ですが、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは多くなりすぎると動脈硬化の原因にもなってしまうんです。今回は、LDLコレステロールを下げるテクニックをご紹介します。

コレステロールを下げるためのテクニック

コレステロールは細胞膜の構成成分となったり、消化吸収に必要な胆汁酸やホルモンの材料となる、カラダにとって欠かせない脂質。

しかし、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは多くなりすぎると動脈硬化の原因にもなってしまいます。今回はそんなLDLコレステロールを下げるテクニックをお伝えします。

2種類のコレステロール

コレステロールにはHDLコレステロールとLDLコレステロールの2つがあります。前者は体内で使われなかった余分なコレステロールを肝臓に運んでくれる働きをし、血液中のコレステロールの増加を抑えてくれることから善玉コレステロールと呼ばれます。

そのためHDLコレステロール値が高いことは異常ではなく、むしろ低い場合に問題となります。これに対し増えると良くないのが、肝臓でできたコレステロールを全身に運ぶ役割をする悪玉と呼ばれるLDLコレステロールです。

コレステロールが高くなる原因

血液中のLDLコレステロールの値が140mg/dlを超えると高LDLコレステロール血症と判断されます。

この高LDLコレステロール血症となる主な原因は、欧米型の食事や運動不足、体重増加など生活習慣によるもので、成人以降に発症します。(※1)

これとは異なり家族性高コレステロール血症という遺伝により若い時からLDLコレステロール値が高くなるものもあります。(※2)

高コレステロールのリスク

コレステロールと共に耳にする機会が多いのが動脈硬化というワードです。高コレステロールが持つ最大のリスクはこの動脈硬化を誘発するところにあります。

LDLコレステロール値が高いと血液中は脂質の多い状態となるため、その余分な脂肪が血管の壁に付着しプラークと呼ばれる塊ができていきます。

しかしプラークは柔らかく、破れてしまうことがあります。その際、破れたプラークを修復するために血液中の血小板がそれを塞ごうとそこへ付着し血栓となります。そうして血管壁の塊はどんどんと大きくなり血管は詰まりやすい状態に。この状態を動脈硬化といいます。(※1)

動脈硬化が起こると
動脈硬化が起こり血管が詰まった場合、それが脳で起これば脳梗塞、心臓で起これば心筋梗塞といったように日本人の死因の上位を占める疾病へと繋がります。

そんな動脈硬化を起こさせないために、まずはプラークが作られないよう血液中のLDLコレステロールは高くなりすぎないことが望まれます。

LDLコレステロールを下げる食事のポイント4つ

そんなLDLコレステロールの上昇を防ぐため、また下げるためには食事からとる脂質に注意が必要です。

1.飽和脂肪酸を控える

食事からとる脂質の中にはLDLコレステロール値をあげる脂があります。それが飽和脂肪酸といい、肉類やベーコン・ハムなどの加工品、脂肪分の多い乳製品に多く含まれています。

そのため肉を食べる際は脂肪の多いバラやロースは控え、ヒレやモモなどの赤身を選ぶようにまずは心がけましょう。

2.不飽和脂肪酸を積極的に摂る

その反対に、LDLコレステロール値を低下させる効果があるといわれているのが不飽和脂肪酸という油。これは魚類や、オリーブオイル・亜麻仁油・チアシードなどの植物油に多く含まれます。

3.トランス脂肪酸との付き合い方

トランス脂肪酸は植物油を加工した際に得られる脂肪酸。これも大量に摂るとLDLコレステロールを増やすと言われており、多く含む食材としてはマーガリンやショートニングなどがその代表的な存在です。

これらの脂は自分で買うことや使うことを控えていても、市販されている洋菓子などに大量に使われていることがあるため、スイーツ好きの人には注意が必要です。

4.食物繊維が味方に!

LDLコレステロールの上昇を抑えるものとして食物繊維にもその効果が期待されています。野菜やきのこ、海藻類も食事と合わせて積極的にとり入れるようにしましょう。(※3)
長生きのためにはコレステロールの値に気をつけていくことが重要です。定期的な健診と普段の食事に気をつけ、LDLコレステロール値を上げない生活を心がけましょう!
【参考・参照】
(※1)国立循環器病研究センター「脂質異常症と言われたら?」
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/obesity/pamph85_2.html〉(最終閲覧日 2017/9/10)
(※2)同上より「家族性高コレステロール血症[Familial Hypercholesterolemia(FH)]」
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/obesity/pamph85_7.html#fh〉(最終閲覧日 2017/9/10)
(※3)一般社会法人日本動脈硬化学会「コレステロール摂取に関するQ&A」〈http://www.j-athero.org/general/colqa.html〉(最終閲覧日 2017/9/10)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

大根

とってもおいしい大根おろしですが、口に入れていられないくらい辛いことがありますよね。そんな時あなたならどうしますか?この記事では、そんな辛すぎる大根おろしの辛さを和らげるとされる数々の方法を検証!試すべき方法…

京都

ぶぶ漬けとは何かをご存知ですか?京都が発祥といわれているお茶漬けですが、どのような食べ物なのでしょうか?現地ではぶぶ漬けのおいしいお店が人気なのだとか。ここではぶぶ漬けの発祥と、意味についてをご紹介していきま…

誰かと会話をしている中で、とどのつまりという言葉を使うことはありますか?あまり良いイメージで使われる言葉ではないようですが、どのような意味を持っているのでしょうか?意味と語源について詳しく調べてみました。

日常生活を送る中で、お茶の子さいさいという言葉を使うことはありますか?ご自身で使うことがなくても、「お茶の子さいさい」という言葉は聞いたことがあるでしょう。この言葉には、どのような意味が含まれているのでしょう…

居酒屋 ドリンク

皆さん、「チューハイ」はお好きですか?居酒屋のメニューでも、おうち飲みでも人気の「チューハイ」ですが、そもそも他のアルコールとどこが違うのか、ご存知でしょうか?今や様々な味が楽しめる「チューハイ」について、調…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考にしてみてくださ…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

macaroni_repro

提携メディアの記事を配信するアカウントです。美容系のコラムや百貨店...

ページTOPに戻る