ぷにゃかわ♪ウワサの「みたらしにゃんこ」を真似して作ってみた結果…!

プニプニかわいい「みたらしにゃんこ」がツイッターで話題となっています!串を刺すのも思わずためらう愛らしさに、癒される人が続出中なのだとか。今回は作者さんのツイートを参考に、詳しい作り方やアレンジレシピをご紹介します!

2018年1月19日 更新

手順

ボウルに入れた材料

Photo by milkpop

1. 白玉粉をボウルに移し、絹ごし豆腐を2/3程度入れてこね合わせます。ある程度混ざったら、残りのお豆腐を少しずつ入れて耳たぶ程度になるまで硬さを調節しましょう。
みたらしにゃんこの原型

Photo by milkpop

2. 生地を50gくらい手に取り、丸めて胴体を作ります。今回は色違いも作るべく、ひとつに2g程度ココアを練りこんでみました。
みたらしにゃんこの耳づくり

Photo by milkpop

3. 耳や足のパーツを作り、爪楊枝や指を使って貼り付けます。画像では耳から作っていますが、先に手足を作った方が型崩れしにくいです。
みたらしにゃんこを作っているところ

Photo by milkpop

4. 水をつけたハケでつなぎ目を整えます。
みたらしにゃんこを茹でているところ

Photo by milkpop

5. 沸騰したお湯でにゃんこ達が浮いてくるまで茹でます。……この段階でかわいいので身もだえにご注意を!茹で上がったら氷水に上げ、冷めたらキッチンペーパーでやさしく水気をふき取ります。
みたらしのたれ

Photo by milkpop

6. 冷ましている間にタレを作りましょう。材料を耐熱容器に入れたら500Wで30秒かけ、よく混ぜたらもう20秒電子レンジにかけます。とろりと粘度がでたら常温で冷ましておきましょう。
にゃんこの目をつけるところ

Photo by milkpop

7. にゃんこ達をお皿に盛り付け、上からタレをかけます。最後にチョコペンやスプリンクルで顔や飾り付けをしたら完成です!

「みたらしにゃんこ」できあがり!

みたらしにゃんこの写真

Photo by milkpop

製作に2時間をかけ、ようやく完成!きゃらマキさんのイラストとは若干異なる出来となってしまいましたが、これが筆者の限界でした……期待してくださった読者の皆様スミマセン。見た感じはにゃんこに見えなくもないと思うのですが、いかがでしょうか?
みたらしにゃんの後ろ姿

Photo by milkpop

作った感想といたしましては、かなりの精神力を使うので椅子を用意してじっくり取り込んだ方がいいと明記しておきます。

ちなみに、上からみるとこんな感じ。作る苦労はありますが、やはり三匹並ぶとかわいいっ……!!この写真が撮れただけでも、なんだか報われた気がします。

アレンジにも挑戦♩

みたらしパンダ親子

みたらしパンダ親子

Photo by milkpop

今回はさらにアレンジにも挑戦!まずは余ったココア生地を使って「みたらしパンダ」を親子で作ってみました。

正直「パンダなら白と黒で特徴があるし簡単簡単♩」と気軽な気持ちで作り始めたのですが、意外にパンダは難しいということが判明。なかなかパンダらしい見た目にならず、30分ほどリアルなパンダ画像と睨めっこしました……。コツは耳を小さめに作ることでしょうか?大きいお耳にすると白黒にゃんこになってしまうのでご注意ください。

みたらしうさぎ

みたらしうさぎの写真

Photo by milkpop

お次は中秋の名月にちなんで「みたらしうさぎ」に挑戦!

こちらは耳を長くする以外はにゃんこ達を変わらないので、比較的簡単に作れました♩家にいるリアルうさぎと睨めっこして作ったのですが、リアルな動物をデフォルメするのはやはり難しいですね。改めてイラストレーターさんのすごさを感じました。

ちなみに2017年の十五夜は10月4日(水)とのこと!今年のお月見のお供に「みたらしうさぎ」いかがでしょうか?
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう