ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

秋はおいしい食べ物がいっぱい。なかでも見逃せないのが、ほんのり甘みのあるかぼちゃです。今回はホクホク食感を生かした「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」にしました。カレー味にして、甘みのなかにピリッとあと引く味をプラス♩

ほんのり甘い♩「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」

秋のかぼちゃは甘みが強いのが魅力的。パンプキンパイやかぼちゃプリンなどのスイーツにも向いていますが、おつまみとしてもオススメの食材なんですよ。

今回ご紹介するのは、かぼちゃの甘みを生かした「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」。かぼちゃのおいしさはそのままに、おつまみやおかずとして合わせやすいようカレー味に仕上げました。

これからの時期はハロウィンもあるので、おもてなし料理としてもオススメ。ひとくちサイズにすると、見た目が可愛らしいだけでなく、成形や揚げるのも扱いやすいです。

「かぼちゃのひとくちカレーコロッケ」の作り方

分量(16個分)

かぼちゃ 1/4個(500g)
豚ひき肉 150g
玉ねぎ 1/4個
薄力粉 適量
溶き卵 1個
パン粉 適量
塩胡椒 少々
A 中濃ソース 大さじ1
A カレー粉 小さじ1
A 酒 小さじ1
A みりん 小さじ1
A 醤油 小さじ1

作り方

①かぼちゃは皮とワタを取り、ひと口大に切る。
②耐熱皿に並べ、水(大さじ2程度)をまぶす。
少量の水と一緒に加熱することで、固くならずにふんわりと仕上がります。
③ラップを被せて、600Wの電子レンジで5分ほど加熱する。
使用する調理器具によって、加熱時間は前後します。爪楊枝をさして、すっと中まで通るか確認しましょう。
④フォークやマッシャーでかぼちゃを潰す。
⑤玉ねぎはみじん切りし、きつね色になるまで中火〜強火で炒める。
フライパンにサラダ油(分量外・小さじ1程度)を熱してから炒めましょう。
⑥挽肉を加えて塩胡椒を振り、色が変わるまで中火で炒める。
塩胡椒をまぶすことで肉のくさみが取れます。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アーモンドミルク スムージー アレンジレシピ まとめ

今話題のアーモンドミルクをご存知ですか?海外では牛乳に代わって使われることも多い、乳製品を含まない植物性のミルクなんです。そんなアーモンドミルクを使ったレシピを10種類紹介します。

レシピ まとめ アレンジレシピ

揚げ物に使用したパン粉が余っちゃった。このまま捨てるのはちょっともったいない。そんな時に役に立つ、余ったパン粉を使って作る料理です。余ったパン粉を使っておいしいフレンチトーストなどを作ってみましょう♡

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

豆腐 レシピ まとめ

おかずやおつまみにもなるコスパ抜群の「もちもち豆腐」はぜひ知っておきたい簡単レシピ♪なんと言っても最大の魅力はコストパフォーマンスの良さ!使う基本的な材料は「絹ごし豆腐」、「片栗粉」と調味料など…。簡単にでき…

レシピ 鶏肉 まとめ

暑い日ってガス、火はなるべく使いたくないですよね。これからそんな季節になります。でも火を使わないと肉料理食べれないのでは…?いえいえそんな事ありません!電子レンジだけで作れる肉料理レシピを今回は紹介したいと思…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る